ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

【働く女性の注目記事】我が家に鳥が降ってきた~


たかくらひでこ

2016.02.03 広報諫早 平成28年2月号 長崎県諫早市

我が家の庭に、屋根と同じ高さの木があります。すぐ横には公園もあるせいか、沢山の鳥たちが巣を作り、いつも元気な声を聴かせてくれます。

時季になるとサクランボの上の大きい実は鳥たちが、下の小さい実は私たちが食べて楽しんでいます。ブルーベリーはもっと美味しいのか、私たちの口にはなかなか入りません。

ある日、外出するのに玄関のドアを開けると、白い物体が視界に入りました。よ~くみると、お腹の白い、尻尾の先までだと30㎝ほどあるでしょうか、とてもきれいな鳥が息絶えているではありませんか。他にいないか庭を回り探しましたが、1羽だけでした。時間はなかったのですが、見過ごすわけにもいかず、気づいたらスコップを手に持っている私がいました。

さて、ここからが我ながら手際いい動き。

キンモクセイの下に穴を掘る⇒ペーパータオルで鳥を包み埋める⇒盛った土の上に線香を1本⇒手を合わせ、安らかに天に召されることを祈り出かけました。

私の対応が良かったかどうかは別として、こういう場合、とっさに素手で触ってしまうこともあるかもしれませんが、それは避けましょう。

広報諫早 平成28年2月号「野鳥との接し方」の中で、死んだ野鳥などには触れない方がいいと書いてありました。その他、生きている野鳥に近づく場合の注意事項なども紹介されています。

鳥インフルエンザ等、時々ニュースで耳にしますが、今までは遠い世界の事だと思っていました。でも、結構身近な問題なんですね。

頭上で飛んでいる鳥たちと、鳥インフルエンザが繋がった出来事でした。

 

野鳥との接し方

isahayashi_2802

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU