ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

3月~4月の転入転出手続きは休日臨時窓口を活用しよう!

「自治体広報広聴研究所」代表、公共コミュニケーション学会理事、元自治体職員、東京都在住
金井茂樹

2018.03.13 広報なごや千種区版「月刊こあらっち」 平成30年3月号 愛知県名古屋市千種区

3月から4月にかけては転勤や就職、入学など、転入・転出をする人が多くなります。住民基本台帳法では、住所の変更があった場合に14日以内の届出が義務付けられていますので、この時期の自治体の窓口は非常に混雑します。多くの自治体では平日窓口の混雑緩和のために、日曜日に窓口の臨時開庁などで対応しています。

今回は、この窓口サービスに関連した記事のなかから名古屋市千種区の広報なごや千種区版「月刊こあらっち」平成30年3月号の“3月から4月にかけて区役所の窓口が非常に混雑します”を取りあげます。この記事では、窓口でスムーズに届出ができる3つのポイントが紹介されています。
 1 届出は月曜日を避け、午前中の早い時間帯に行く
 2 受付前に申請用紙の記入を行う
 3 時間に余裕を持って窓口へ行く
スムーズは手続きのためには、ホームページに掲載されている申請書を自宅で記入・印刷して、午前の早い時間に区役所に行くのがよいようです。この時期の注意点は、一つの手続きに時間がかかるので、時間に余裕がないと手続きをすべて完了できず、二度手間になってしまう可能性があるということです。また、この記事には3段階の混雑状況を予想した“窓口混雑予想カレンダー”も紹介されています。混雑予想が一目でわかるのでとても便利です。

最も混雑する3月下旬~4月初旬に、2~3時間の待ち時間を予想している自治体もありますが、最近は定期的に午後7時まで窓口サービスを延長する自治体も増えていますし、時間ごとの混雑状況をホームページで随時更新している自治体もあります。手続きに行く前に自治体公式ホームページでしっかり確認するとよいかもしれません。

☆愛知県名古屋市の観光情報
名古屋市の観光、グルメ、お土産などを紹介した名古屋観光情報「名古屋コンシェルジュ」はこちらです。

 

3月から4月にかけて区役所の窓口が非常に混雑します

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル