ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ちばMy Style Diary

東京工業大学環境・社会理工学院研究員/東京大学大学院情報学環客員研究員
本田正美

2019.03.08 広報だん暖たてやま 平成31年3月1日号 千葉県館山市

 千葉県内の自治体の広報紙3月号には、以下の記事が共通して掲載されているようでした。
 「ちばMy Style Diary(マイスタイルダイアリー)」を配信中!」

 千葉県が配信するスマートフォンアプリを宣伝する記事です。

 千葉県庁のWebサイトによると、このアプリは「結婚から妊娠・出産、子育てまでの切れ目のない支援として、県や市町村からの支援情報の提供や、健康・育児に関する相談受付などを行う」ことを目的として提供されているものです。
 想定される利用者は、「婚活、妊活、妊娠中(プレママ・パパ)、育児、いずれかの段階(ライフステージ)にある方」とありました。

 基本的には千葉県内の全市町村での利用を想定しているため、例えば今回ピックアップした館山市の広報誌に見られるように、県内の自治体でも広く宣伝が行われているということなのでしょう。
 各地で、このようなアプリの提供が行われていますが、いずれも可能な限り数多くの利用者が現れることを望んでいるはずです。そのためには、各地の自治体が広報紙で、その利用を呼びかけるのは効果的と言えそうです。

 より多くの県民の利用が更なる利用を呼ぶということもあります。千葉県内の自治体で、このアプリが広く利用されることを願って止みません。

 

「ちばMy Style Diary(マイスタイルダイアリー)」を配信中!

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階