ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

障害者差別解消法

16/25

三重県伊勢市 クリエイティブ・コモンズ

~障がいのある人もない人も共に生きる社会の実現に向けて~

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(通称:障害者差別解消法〔平成28年4月1日施行〕)は、全ての国民の皆さんが、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目的としています。

■障害者差別解消法のポイント
この法律では、「不当な差別的取扱い」と「合理的配慮の不提供」が禁止されます。
※民間事業者での合理的配慮の提供は、努力義務です。

■不当な差別的取り扱い
正当な理由もなく、障がいがあるということを理由にサービスなどの提供を拒否したり、制限したりすることなど。
〔事例〕
「車いすなので店には入れない」などは、障がいのない人と違う扱いをしているので「不当な差別的取り扱い」と考えられます。ただし、他に方法がない場合などは、例外になることがあります。

■合理的配慮の不提供
障がいのある人から何らかの配慮を求められた場合、負担になり過ぎない範囲で、社会的障壁※1を取り除くために必要な合理的な配慮※2を行わないこと。
※1 障がいのある人にとって、日常生活や社会生活を送る上で障壁となるもの。
例えば、利用しづらい設備・施設や制度、障がいのある人を意識していない慣習・文化、障がいのある人への偏見など。
※2 どのような配慮が合理的配慮に該当するかは、個別のケースで異なります。
例えば、次のようなことは合理的配慮になります。
・車いすの人が乗り物に乗る時に手助けをする
・映像資料に手話や字幕を付ける
・障がいのある人の障がい特性に応じた手段(筆談・読み上げなど)で対応する

問合せ:障がい福祉課
【電話】21-5558【FAX】20-8555

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU