ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月20日~ 26日は動物愛護週間です

5/25

三重県伊勢市 クリエイティブ・コモンズ

動物愛護週間は、動物の愛護と適正な飼育についての関心を高め、理解を深めるために、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づいて設けられたものです。
動物は、人間にとってかけがえのない存在です。しかし一部では、マナーの悪い飼い主が問題となることがあります。この週間を機会に、飼っている動物、身近にいる動物たちについて、もう一度考えてみましょう。

■ペットは最後まで愛情を持って飼いましょう
動物に対する虐待行為などにより、動物が苦しんだりする問題や、鳴き声や臭いなどによって周辺に迷惑を掛けてしまう問題が数多く生じています。
同法律では、飼い主には、その動物が命を終えるまで適切に飼養(しよう)する「終生飼養」の責任があることが明確にされています。

■犬を飼うときは
生後91日以上の犬を飼う場合、生涯に一度の登録と狂犬病予防注射の接種(毎年4~6月の間)が義務付けられています。令和2年度は、新型コロナウイルスの影響などで未接種の場合は、遅くとも12月末までに接種するようにしてください。

■マナーを守ろう
飼い主のモラル低下が原因となって、市や保健所へ寄せられる苦情・トラブルが多くあります。人に迷惑を掛けないことは、飼い主の義務です。
▼犬の飼い主の皆さんへ
犬のストレスを減らし、無駄ぼえなどをしないようにするためにも、十分な散歩やしつけをしましょう。
▼猫の飼い主の皆さんへ
屋外には、交通事故をはじめ、猫同士のけんかや接触から感染症に罹患(りかん)するなど、危険がたくさんあります。
飼い猫がこれらの危険に遭遇した場合、命を落としてしまうこともあります。
また、近隣住民に、ふん尿などで迷惑を掛けることもあり、トラブルのもとになりかねません。そのようなことが起こらないためにも、猫は家の中で飼いましょう。

■犬猫不妊去勢手術費助成金
犬・猫にとってストレスのない生活にするとともに、不幸な捨て犬・捨て猫を減らすため、不妊・去勢手術を受けさせましょう。
市では、犬や猫の不妊・去勢手術を行った人に助成金を支給しています。
手術後60日以内(2~3月の手術の場合は3月末まで)に、申請書を環境課へ提出してください。
※犬の場合、伊勢市に登録があり、申請日からさかのぼって1年以内に狂犬病予防注射を受けている場合に限ります。

▼助成金額
犬:雄3000円・雌4000円
猫:雄2500円・雌3500円

動物愛護にかかる予算額:401万9千円

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU