文字サイズ
自治体の皆さまへ

[暮らしの情報]その他(2)

18/35

三重県四日市市

■四日市市重度障害手当の制度見直しによる申請受け付け
令和3年4月から、四日市市重度障害手当の制度の見直しを行います(対象となる人には、案内と申請書を送付しています)。
現在受給中の人も再申請が必要です。まだ申請がお済みでない人は、申請をお願いします。
受給資格を認定した人へは、認定通知書を送付します。また、要件により認定されない人にもお知らせを送付します。(発送はいずれも4月上旬の予定)

対象:次の条件のいずれかに当てはまる人
(1)現在、四日市市重度障害手当を受給しており、令和3年4月1日時点で20歳以上である
※20歳未満の人は手続き不要
(2)市内に在住し、精神保健福祉手帳1級を持っており、令和3年4月1日時点で65歳未満である
申込み:10月下旬に対象者に送付した申請書を、郵送で、または直接、〒510-8601障害福祉課(市役所3階)か各地区市民センターへ

問合せ:障害福祉課
【電話】354-8163【FAX】354-3016【メール】syougaifukushi@city.yokkaichi.mie.jp

■障害年金制度
障害年金は、病気やけがにより、政令で定められている障害の状態になった場合に受け取ることができる公的年金制度です。初診日(障害の原因となった病気やけがで初めて病院に行った日)に加入していた年金の種類によって相談・受け付け窓口が異なります。
初診日の時点で厚生年金に加入していた、またはその扶養に入っていた人(国民年金第3号被保険者)は、四日市年金事務所(【電話】353-5515【FAX】354-5011)が窓口です。
また、初診日の時点で国民年金第1号被保険者の人や20歳前に初診日がある人などは、保険年金課(市役所3階)が窓口になります。
障害年金は、初診日や傷病などにより必要書類などが異なります。また、障害年金を受給するためには、保険料の納付要件を満たしていることも必要です(初診日が20歳前の場合は不要です)。詳しくは各窓口で確認・相談してください。

問合せ:保険年金課
【電話】340-0221【FAX】359-0288

■合併処理浄化槽維持管理補助金
対象:次の条件をすべて満たす人
(1)下水道などの供用区域外に合併処理浄化槽を設置している
※単独処理浄化槽は対象外
(2)申請者が居住している専用住宅または併用住宅(面積制限あり)である
(3)年1回の法定検査の判定が「適正」か「おおむね適正」である
※新たに設置した浄化槽の初回の法定検査は対象外

▽補助額

申込み:3月31日(必着)までに、申請書と令和2年度分法定検査結果書の写しを、郵送で、または直接、〒510-0076堀木一丁目3-18生活排水課へ。対象者には、三重県水質検査センターから、検査結果書と一緒に申請書類一式が送付されます。令和2年度に受検し、未申請の人はご確認ください。3月までに受検する人も、申請書類が届き次第申請してください

問合せ:上下水道局生活排水課
【電話】354-8402【FAX】354-8375

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU