ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月10日は「下水道の日」

5/27

三重県東員町

◆どうして9月10日になったの?
それは、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによるものなんだ。
今回は「下水道の日」制定の大きな理由である「雨水の排除」方法について考えてみよう。

◆東員町は「分流式」
町は、汚水と雨水を別々の管で排水する「分流式」です。
・トイレや台所、お風呂などで使用した水は、汚水管を通って下水処理場へ行き、きれいにして川や海に帰します。
・雨水などは、水路や雨水管を通って川や海に帰します。

◆もし雨水が汚水管に流れてしまったら
雨水を宅地内の汚水桝や汚水管に流してしまうと、大雨の日は下水処理場の処理能力を超え、汚水の処理ができなくなってしまいます。そうすると、処理しきれなくなった汚水が逆流し、道路のマンホールや庭の汚水桝から汚水が溢れ、庭や道路が汚水まみれになってしまうこともあり得ます。
また、汚水を処理しきれず、汚いまま川や海に流れ込んでしまうかもしれません。

◆そうしないために
宅地内で雨水が汚水桝に入っていないか確認しましょう。
[ココが重要!]
◇具体的には
・雨どいが雨水管ではなく、汚水桝や汚水管につながっていないか
・桝の老朽化でできた「ヒビ」「すき間」「桝ふたの破損」から雨水が入っていないか

◆下水道に捨てたらダメなもの
・台所のごみ
台所から出る野菜くず、残飯、てんぷら油などの廃油は、排水管の詰まりの原因や汚水処理場の機能を低下させますので、流さないようにしましょう。

・水洗トイレに溶けない紙
紙おむつ、生理用品、ビニール、布類などを流すと、管路のポンプ施設にからまり、ポンプが動かなくなることがありますので、流さないようにしましょう。

・薬品、アルコール、ガソリン類
揮発性の高い危険物を流すと管の中で爆発したり、管を損傷したりすることがあります。絶対に流さないでください。

問合せ:上下水道課
【電話】86-2812

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU