ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

STOP! 新型コロナ感染拡大 人との間隔は2m、食事は横並びで

1/14

京都府京田辺市

本市では、4月23日以降、新たな感染者は確認されていません(5月10日現在)。しかしながら、市・教育委員会は、緊急事態宣言が5月末まで延長されたことに伴い、引き続き、市民の皆さんの安全を第一に考え、次の対応を行いますので、ご理解とご協力をお願いします。
最新の感染情報などは、市ホームページで確認してください。

■給付金
◎特別定額給付金
国は、緊急経済対策として、「特別定額給付金」を給付します。
対象:4月27日現在、住民基本台帳に記録されている人
給付額:1人につき10万円
申請方法:
▼郵送…5月25日(月)~29日(金)に、世帯主宛てに郵送する申請書に、口座番号などを書いて返送してください
▼オンライン…顔写真付きのマイナンバーカードを持っている人は、マイナポータル(=2次元コード)から申請できます(受け付けは始まっています)
申請期限:8月末(予定)最新情報は、市ホームページで確認してください。

問合せ先:京田辺市コールセンター
【電話】46-8022

◎給付金を装った詐欺に注意
特別定額給付金について、総務省や市が、対象者に現金自動預払機(ATM)の操作や、手数料の振り込みを求めることはありませんので、注意してください。

問合せ先:消費生活センター 産業振興課内
【電話】63-1240

◎子育て世帯への臨時特別給付金
国は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、「子育て世帯への臨時特別給付金」を支給します。
対象:4月分(3月分を含む)の児童手当の受給者
給付額:児童1人につき1万円6月ごろの支給を予定しています。
申請:不要
公務員は、勤務先の案内に従って申請してください。

問合せ先:子育て支援課
【電話】64-1376

■幼稚園・学校
◎幼稚園、小・中学校を臨時休業
対象:市立幼稚園、小・中学校
期間:5月31日(日)まで
なお、市立小学校では、休業期間中「預かり教室」を行っています。詳しくは、各校のホームページで確認してください。
預かり教室の内容:自習。給食はありません
市立保育所・幼稚園預かり保育・留守家庭児童会は、感染防止に留意しながら運営しています。
可能な範囲で、各家庭で子どもたちの見守りをお願いします。

■公共施設・イベント
◎市公共施設を休館
対象:中央図書館(北部・中部分室、移動図書館含む)、北部・中部住民センター、田辺中央体育館、田辺公園プール、中央公民館、田辺公園スケートパーク、野外活動センター、田辺・大住・普賢寺児童館、南山こどもセンター、老人福祉センター宝生苑・常磐苑、三山木老人いこいの家、女性交流支援ルーム(一般相談は電話相談のみ。専門・法律相談は実施)、オレンジルーム
期間:5月31日(日)まで
中央図書館(分室含む)、北部・中部住民センター、中央公民館は6月1日(月)まで。延長する場合があります。

◎公園の利用について
市内の公園を利用する際は、次の点に注意してください。感染拡大防止にご協力をお願いします。
▼グループでの利用や長時間の滞在、公園内での飲食は避けましょう
▼人が多い場所や時間帯は利用を見合わせましょう
▼マスクを着用し、咳エチケットを守りましょう
▼帰宅後は手洗いを徹底しましょう

問合せ先:施設管理課
【電話】64-1342

◎イベントなどを中止・延期
感染拡大防止のため、予定していた多くのイベントなどを中止・延期します。今号に掲載しているイベントなども中止する場合がありますので、ご理解ください。

■市内企業を支援
◎休業支援金
市は、府休業要請対象事業者支援給付金を申請した中小企業・個人事業主に、府と同額の支援給付金を給付します。
府への申請情報を基に給付しますので、市への申請は不要です。
給付額:
▼中小企業…20万円
▼個人事業主…10万円

問合せ先:産業振興課
【電話】64-1364

◎中小企業事業継続支援金
市は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者に対し、事業全般に使用できる支援金を給付します。
詳しくは、市ホームページなどで確認してください。
申請期間:6月15日(月)まで
給付額:10万円

問合せ先:商工会
【電話】62-0093

■生活で心掛けるポイント
国の専門家会議は、感染予防対策として、次の「新しい生活様式」を提言しました。日常生活で心掛けてください。
▼外出…マスクを着用し、帰宅後に石けんで手洗い
▼人との間隔…2メートルとる
▼移動…会った人・場所を記録する
▼生活…毎朝検温する。小まめに手洗い・換気する。会話時はマスクをする
▼買い物…混雑時を避け、少人数で素早く行う
▼スポーツ…ジョギングは少人数で距離をとる
▼公共交通機関…混雑時を避け、会話を控える
▼食事…大皿・会話・多人数会食を避けて、横並びで座る
▼働き方…テレワーク・オンライン会議を行う

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU