文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康のお便り(Health center)

17/32

京都府宇治田原町

■「暑い季節、食中毒に注意!」
・食中毒は細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することで発生し、特に夏場は多く、食品の取扱いや調理方法など、最新の注意が必要です。
・食中毒予防の3原則 食中毒菌を「つけない、ふやさない、やっつける」
・食中毒を防ぐには、細菌を食べ物に「つけない」、食べ物に付着した細菌を「増やさない」、食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」という3つのことが原則になります。

◇家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
(1)食品の購入
肉、魚、野菜等の生鮮食品は新鮮なものを購入しましょう。

(2)家庭での保存
冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったら、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。

(3)下準備
生の肉、魚、卵をさわった際は手をしっかり洗い、使ったまな板等はしっかり殺菌しましょう。

(4)調理
加熱が必要な食品はしっかり火を通すよう心掛けましょう。

(5)食事
食事の前はしっかり手を洗いましょう。温かく食べる料理は温かく、冷やして食べる料理は冷たくしておきましょう。

(6)テイクアウトをする際は細心の注意を
コロナ禍により、テイクアウトが多くなってきています。テイクアウトする際は長時間持ち歩くのは避け、なるべく早く食べるように心がけましょう。

問合せ:
健康対策課【電話】88-6610
子育て支援課【電話】88-6636

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU