ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

〈平成31年度当初予算〉新時代に向かって躍進する宇治田原予算 (2)

2/32

京都府宇治田原町

【重点施策】
「第5次まちづくり総合計画」「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に共通の「まちづくり戦略」の総仕上げの年。
4つのまちづくりの目標を達成するために推進する事業と行政の基本姿勢関連事業に、必要な予算を重点的に配分した積極型予算を編成しています。

■4つのまちづくりの目標

〈01. 健やかに安心して暮らせるまち〉
保健・医療体制の充実を図るとともに、暮らしの不安要因を減らします。
◯健康増進計画等策定事業〔新規〕
1,627千円
現健康増進計画の満了による第2次計画を策定します。
◯情報伝達システム整備事業〔継続〕
85,091千円
災害時等に迅速・的確な情報伝達を図るため、屋外長距離スピーカーの整備を行います。
◯地域防災対策事業〔継続〕
6,253千円
府の田原川浸水想定区域の見直し等に伴い、本町の防災マップの改定を行います。

〈02. 便利で快適に過ごせるまち〉
恵まれた自然環境を守り育てるとともに、道路や交通の利便性の向上などの基盤を整備します。
◯新市街地連絡道路整備事業〔継続〕
167,000千円
安全で災害に強い道路整備を計画的に進め、新市街地ゾーンと既存集落とを結ぶ新市街地連絡道路を整備します。
◯新庁舎建設事業〔継続〕
962,651千円
新庁舎建設基本計画に基づき、災害発生時の拠点施設としての機能をあわせもつ、新たな庁舎の建設を行います。
◯宇治田原山手線整備事業〔継続〕
373,628千円
宇治田原山手線の国道307号以北(滋賀県境)約1.2kmの整備等を行います。

〈03. 活気にあふれる交流のまち〉
地域資源を活用しながら、産業振興や観光交流、雇用の場の創出につなげ、多様な世代で賑わうまちづくりを推進します。
◯宇治田原まちの元気な企業応援事業〔新規〕
6,000千円
多様な企業の育成等を支援するため、新製品等の開発や経営改善事業、事業承継等の経費に対し補助を行います。
◯「ハートのまち」移住定住プロモーション事業〔拡充〕
2,861千円
第5次まちづくり総合計画の将来像にある「ハートのまち」を打ち出した移住定住プロモーションを行い、まちの活力や定住促進等を行います。
◯末山・くつわ池自然公園事業〔拡充〕
19,462千円
末山・くつわ池自然公園の利用促進を図るため、駐車場等の施設整備とあわせて、新たにハート型展望台への自然散策路の整備を行います。

〈04. 子育てと学びを応援するまち〉
子どもを生み育てる環境と教育の充実をはじめ、人間性豊かな成長や暮らしの充実を図ります。
◯学力充実事業〔拡充〕
12,367千円
各小学校に補助教員を新たに増員し、きめ細かい教育指導による、児童生徒の学力の充実を図ります。
◯小中学校校内ネットワーク運営事業〔拡充〕
22,260千円
情報活用能力を育成するため、中学校へのタブレット新規導入をはじめ学校ICT機器の更新整備を促進します。
◯子ども・子育て支援事業計画策定事業〔継続〕
2,172千円
本町の子ども・子育て事業の充実に向けた取り組みの方針を明確にするため、子ども・子育て支援事業計画を策定します。

■行政の基本姿勢
◆地域コミュニティやまちづくり参画意識の向上と、住民・行政のパートナーシップの構築
町が地域課題に責任を持ち主体的に公的な活動を行う中で、住民と町が協力しながらともに歩んでいきます。
◯第5次まちづくり総合計画改定事業〔新規〕
6,456千円
「第5次まちづくり総合計画」の前期基本計画の満了による総合計画の改定を行います。
◯行政改革外部評価事業〔継続〕
72千円
「第6次行政改革大綱」及び同「実施計画」の着実な推進のため、外部評価委員会による進行管理を行います。

問合せ先:企画財政課
【電話】88-6632

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル