ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

郷土資料館から

15/31

北海道別海町

■郷土資料館だより
「昔のくらしと道具」を調べる授業に郷土資料館が活用されています

小学校3年生の社会科には「昔のくらしと道具」という単元があり、2月から3月は、この授業のために多くの学校が当館を訪れます。
数年前から見学だけではなく、実際に「炭火アイロン」「火のし」「洗濯板」「湯たんぽ」「灯油ランプ」「せんべい焼き」「火ばち」といった道具を使用する体験学習を行っています。中でも、重たいせんべい焼き器で、焼いたせんべいは、おいしいと評判です。
便利な生活をしている中で昔の道具を使うと、準備などに手間が掛かり、その取り扱いにも不便さを感じますが、昔の生活の中では常に密着し関連性があったもので、子どもたちは知恵と工夫が昔の道具に隠されていることを学びました。

問合せ:郷土資料館
【TEL・FAX】75-0802
【メール】kyoudo@betsukai.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル