ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 平取町アイヌ工芸伝承館「ウレシパ」

2/13

北海道平取町

平成29年度から30年度にかけて、建設工事、備品などの整備を進めてきた平取町アイヌ工芸伝承館「ウレシパ」(愛称)については、従来の平取町民芸品共同作業場に体験交流を通じたアイヌ工芸の魅力発信や人材育成機能を付加した施設となっており、昨年10月から仮オープンをしていましたが、本年4月から、人員を配置して正式にオープンします。
施設は、二風谷生活館に隣接した場所となっており、二風谷アイヌ博物館エリアから民芸品店エリア、萱野茂二風谷アイヌ資料館をつなぐ施設となっています。
「ウレシパ」とは、アイヌ語で「育てあう」という意味を持っており、施設の機能としては、木彫・アツトウシを制作するスペースや染め物なども行える手仕事スペース、オヒョウの樹皮を煮る釜場、レーザー加工機を設置しているレーザー加工室、木彫の機械作業を行う機械加工室、会議・研修が可能な研修室などとなっています。
この施設の整備にあたっては、農林水産省の交付金を活用しており、アイヌ伝統工芸の実演や制作体験プログラム、地域資源を活かした体験プログラムを地域の関係者が連携した体制のもとに実施し、交流人口の増加を図っていくこととしています。
なお、使用の申込みなどについては、まちだよりに掲載しますので、ご確認願います。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階