ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

『報徳のおしえ』とともに

18/46

北海道豊頃町

■豊頃町「報徳のおしえ」推進会議『ひろめよう!報徳の町に四つの心』
◆報徳訓
人は自分ひとりで生きているのではなく、天地・自然があり、親があり先祖があり、他の人があり、その行動により自分の境遇が決まり、自分の行動がまた子孫や他人の境遇を決めることになります。
感謝と勤労と積善の奨めを二宮尊徳は、「報徳訓」として分かりやすく説いています。

◆「報徳訓」を、やさしくするとかな『報徳訓』より
てんちのいのちでいきている
おやのいのちでいきている
いのちをしっかりつたえよう

ぶんかのめぐみでくらしてる
おやのめぐみでくらしてる

ごはんのおかげでいきている
すまいのおかげでいきている
やまのおかげでいきている
こうばのおかげでいきている
みんなのおかげでくらしている

きょうのごはんできょういき
きょねんのみのりでことしいき

せんぞのいのちでいきている
しそんにいのちをつたえよう

せんぞのめぐみでくらしてる
しそんにめぐみをつたえよう

きもののおかげでいきている
たはたのおかげでいきている
うみのおかげでいきている
みせのおかげでいきている
もちばもちばでつとめよう

きょうのつとめはあすのため
いつでもしっかりとくいかし

元小田原市報徳博物館初代館長:佐々井典比古作

▽至誠(しせい)
あかるく真心をもって
真心をもち明るい人になります

▽勤労(きんろう)
いきいき小さな積み上げを
進んで働き努力する人になります

平成31年度の始まりです。『報徳のおしえ』を人づくり町づくりの基盤にする豊頃町です。今年度も少しずつ『報徳のおしえ』を学び実践していきましょう。人は生涯学び続けます。そして、人であるがゆえに将来を見据えた生き方を大切にしていきましょう。

問合せ:教育課社会教育係
【電話】579-5801

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル