ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

手続きをお忘れなく

3/10

千葉県多古町

学校を卒業して就職する方、一人暮らしを始める方、会社を退職する方など、3月から4月は新しい生活を始める方が多い季節です。
これに伴い、役場での手続きが必要になることがあります。
そのままにしておくと後でトラブルになる場合もありますので、面倒だと思わずに早めの手続きをお願いします。

■国民健康保険編
大きく分けると、会社員は「社会保険(以下、社保)」、農業などの自営業は「国民健康保険(以下、国保)」と分かれています。
就職や退職などで保険証が変わった方は手続きが必要です。
会社は手続きをしてくれません。
多古町国保の資格喪失後に、多古町国保の保険証を使うことはできません。
使用した場合、町が医療機関に支払った保険給付費を世帯主に返還請求することがあります。

◇手続きする期間が定められています。
国保法では、資格が変更してから14日以内に手続きをしなければならないと定めています。
保険証がない間の医療費は、原則として全額自己負担になります。

◇手続きに必要なものは資格が変わったことを証明する書類
(1)就職などにより社保に加入した方は、
加入した全員分の社会保険証と今まで加入していた国保の保険証
(2)退職などにより社保から抜けた方は、
会社から発行される資格喪失連絡票などの証明書

◇国保税は世帯主に課税されます
世帯主は、主たる生計の維持者という意味合いがあることから、国保税は世帯主に課税されます。
世帯主は社保に加入していても、世帯の中で国保の人がいれば、その分の国保税が世帯主に課税されます。

◇注意
手続きをしないままにしておくと、二重に保険税(料)を支払っていることになったり、過去の分の保険税を一度に納税しなければならなくなります。
また、日本に住所がある限り、保険の資格が途切れることはありません。
例えば、退職して社保から抜けたにもかかわらず、国保への手続きを行わずに数年が経過してしまった後に手続きをした場合でも、社保の資格が無くなった日にさかのぼって国保の資格を取得することになります。
これに伴い、さかのぼって国保税が課税されます。

◇こんなときは届け出が必要です
届け出について

■住所の移動編
住所とは「生活の本拠」です。日常生活、家族、コミュニティなど多角的な観点から客観的に見て、生活の本拠となる場所に住所の登録をすることになります。

◇転出と転入
他の市区町村へ引っ越す場合、次の手続きが必要です。
・転出
今まで住んでいた市区町村で転出の届け出を行います。
引っ越しをする前に手続きが必要です。
「転出証明書」が発行されます。

・転入
新しく住み始めた市区町村で、実際に住み始めてから14日以内に転入の届け出を行います。
手続きには「転出証明書」が必要となります。
この二つの手続きを行わないと住所は異動しません。

◇転居
同じ市区町村の中で引っ越しをした場合がこれに当たります。
実際に新しい場所に住み始めてから14日以内に届け出が必要です。

◇注意
住所の異動に伴って国保の保険証、印鑑登録証、介護保険証など前住所地から発行されていたものは新しい住所地では使えませんので、必ず返却をお願いします。

◇ワンポイント!!【こんなときはどうすればいいの?】
●海外に行く場合(留学・長期旅行など)
法律では、国保は住所地の自治体に加入すると定められています。したがって、住所が日本国内か海外のどちらにあるかで異なります。
・住所は日本→住所の異動の手続きは必要ありません。

※病気やけがで海外の医療機関にかかった場合、一定の条件を満たせば、帰国後に申請すると支払った医療費の一部が払い戻されます。
・住所は海外→海外転出の手続きと同時に国保から脱退となります。

●学生が一人暮らしや寮生活をする場合
親から学費や生活費の仕送りを受けていて、自分には収入がないという方の場合、住所は生活している場所に異動することになりますが、国保は親元の市区町村に加入することになります。
この場合、手続きが必要になります。
学生であっても、経済的に自立している場合は、住所地の国保に加入することになります。

■マイナンバーが必要です
さまざまな手続きでマイナンバーの記載が必要となりました。
国保の資格を変更する場合も必要となりますので、番号の分かる書類(マイナンバーカードまたは通知カード)と本人確認ができる書類、印鑑を必ず持参ください。
別世帯の方が手続きする場合は委任状と代理人の本人確認書類も必要です。
また、住所の異動や氏名の変更にかかる手続きにおいては、通知カードまたはマイナンバーカードに記載されている住所情報等を変更する必要がありますので、お持ちのカードを必ず持参ください。
手続きに必要な書類などの詳細については、住民課へお問い合わせください。

◇お問合せ:住民課
・住民係
【電話】76-5401
・国保年金係
【電話】76-5405

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル