ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症 自宅療養をするときの注意点

7/35

千葉県袖ケ浦市

新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となった方のうち、無症状の方や症状が軽い方は、自宅療養となる場合があります。
新型コロナウイルス感染症は、いつ・どこで・だれが感染するかわからない状況です。ご自身や家族が、感染または感染が疑われた場合に備えて、普段から意識しておきましょう。
療養中の注意事項
・服薬中の薬がある方は、自宅療養期間中は、かかりつけ医療機関などに相談する必要があります。
・外出を控えるため、配食サービスなどの確認をしておきましょう。
・こまめに手洗いをしましょう。
・感染拡大防止のため、本人は外出せず、自宅内でも必要最低限の行動に留めます。
・感染している方と、部屋を分けましょう。個室が難しい場合は、マスクをし、十分に換気をしましょう。
・手で触れる共有の場所(ドアノブ・手すり など)を、消毒しましょう。
・汚れた衣服などは、手袋・マスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かしてください。
・外部からの不要不急の訪問者は、受け入れないようにしましょう。
・同居の方も、不要不急の外出は避けましょう。
・感染者のお世話は、限られた方で行いましょう。
・同居の方も、毎日の健康観察を行いましょう。
・ごみは、密閉して捨てましょう。

問合せ:新型コロナウイルス対策支援室
【電話】62-2323【FAX】62-3877

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU