文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域おこし協力隊田島幸子こと さっちゃん里山通信No.16

32/36

千葉県長南町

■ジネンジャーズ長南町支部・牧野さんの天然自然薯掘りを取材
秋が深まり、自然薯掘りの季節が到来。下小野田の牧野敏朗さん、お婿さんの唯馬さんの自然薯掘りの様子を取材しました。取材のきっかけは、唯馬さんが自身のインスタグラムで「#ジネンジャーズ長南町支部」で情報発信をし、里山ライフをエンジョイしているのを見つけたのが始まりでした。
ジネンジャーズって何?自然薯の見分け方は?気になる方はぜひ地域おこし協力隊のブログをご覧ください。

■”ほぼ道”主催イベント「第1回長南つなぐ市」が開催
10月2日、「長南町の魅力を再認識し、町民同志がつながる」をテーマに「第1回長南つなぐ市」が農村環境改善センターで開催されました。主催は町民有志で立ち上げた「ほぼ道の駅ちょうなんプロジェクト(ほぼ道)」。軽食、菓子、特産品などの販売を中心に約20団体がブースを出し、多くの来場者で賑わいました。
役場の税務住民課によるマイナンバーの申請窓口、福祉課や郷土資料館もそれぞれブースを出展し、地域おこし協力隊も企画政策課と空き家相談や移住サポートデスクを設けるなど、買い物だけでなく役場と町民をつなぐ場づくりをしました。

■編集後記
先月はつなぐ市、自然薯掘りの取材などであちこちを駆け回りましたが、広報でお伝えできていない活動記録はブログにアップしているので、ぜひご覧くださいね。牧野さんからいただいた今シーズン初の自然薯は「まぐろの山かけ」で味わいました。改めて長南町は素敵な人、場所がたくさん溢れているなぁとしみじみ思いました。

■協力隊の日々の活動記録はフェイスブックやブログに掲載していますので、ぜひご覧ください。
【URL】http://chonankyouryokutai.livedoor.blog/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU