ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長 新年ご挨拶

一覧へ戻る

和歌山県那智勝浦町

町民の皆様におかれましては、晴々しい新春をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。また、旧年中は、本町行政に対し、格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

災害に強いまちづくりを
さて、昨年も各地で震災や豪雨災害等の自然災害が多発し、本町も9月末の集中豪雨と台風で大きな被害を受けました。改めて自然の脅威を痛感した次第です。防災・減災対策は重要な課題であり、災害に強いまちづくりに取り組んでいるところです。
特に公共施設の整備につきましては、防災・減災の観点から、緊急性と財政状況を勘案し、優先順位を考慮しながら推進してまいります。
皆様方におかれましても、日ごろから災害への備えをお願い申し上げます。

喫緊の課題
クリーンセンター建設クリーンセンター建設につきましては、大浦用地(市屋・二河地内)を第一候補地といたしました。
関係団体に理解を得て、早急に着手していきたいと考えております。住民生活に欠かせないクリーンセンターでございますので、皆様方にはご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

ねんりんピックが初めて和歌山県で開催
本年11月に和歌山県で初めて「ねんりんピック」が開催されます。本町ではダンススポーツの競技が行われ、全国各地から選手・関係者の方が本町にお越しになります。
また、今年は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が登録15周年、「南紀熊野ジオパーク」が日本ジオパーク認定5周年をそれぞれ迎えます。
本町を訪れる方々に町の魅力を体感していただき、「那智勝浦町に行って良かった、また行きたい」と思っていただけるよう、様々な施策に取り組んでまいります。

次の100年へ向けて那智の滝100年の森づくり
本町の顔とも言うべき那智の滝が、未来永劫流れ続けるために、源流域の水源を保全する目的で「那智の滝保全委員会」を設置し、源流域の水源涵養(かんよう)のあり方の検討、植樹等を進めてまいります。源流域の保水力を高めることにより、防災・減災につなげ、また、観光商品にもつなげたいと考えます。そして、皆様に苗木の育成や植樹に参加いただき、町の魅力の発見し、愛郷心を育むきっかけとなればと存じます。

結びに、皆様の本年のご健勝とご多幸を心より祈念申し上げ、新年のご挨拶といたします。

那智勝浦町長 堀 順一郎

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル