文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康生活ほっとライン 毎日を健やかに!

11/35

埼玉県和光市

(場所)のないものは、保健センターで行います
(問合せ先)のないものは、保健センターに問合せ・申込みを

[4月]乳幼児の健康診査
4か月と10か月健診の受診方法は集団と個別を選択できます。集団はネウボラ課、個別は各医療機関へ予約の上、受診してください。
1歳6か月と3歳4か月健診も集団・個別を選択して受診できます。集団は日時をお知らせしますので予約は不要です。個別は予約の上、受診してください。なお、個別健診は計測・内科診察・尿検査(3歳のみ)で、歯科診察は医療機関で受けられません。
各健診の対象者には通知を送付しますので、詳細は通知文でご確認ください。

問合せ:ネウボラ課母子保健担当
【電話】424-9087

■子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)定期接種の勧奨再開
令和3年11月の厚生労働省の通知により、接種勧奨を再開することになりました。これは、国の検討部会においてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたためです。HPVワクチンは早い年齢で接種するほど、子宮頸がんの予防効果が高いとされています。
このため、市では対象者のうち年齢の高いお子さんから順次、通知を行うことを予定しています(通知は、標準的な接種開始時期である中学1年生以上に行います)。
接種期間:高校1年生相当の年度の3月31日まで
費用等:期間内であれば無料
対象:接種時に市に住民登録がある、小学校6年生〜高校1年生相当年齢の女子
持ち物:母子手帳(必須)、予防接種予診票、本人確認書類(保険証など)
・平成9~17年度生まれの女子について、令和7年3月末までのキャッチアップ接種の実施が決定しています。通知の時期などは、決まり次第市HPに掲載します
・定期接種の条件(年齢、接種回数・間隔、住民登録など)を外れると、任意接種(全額自己負担)です
・疾病などやむを得ない事情で指定外医療機関での接種が必要な場合は、手続きが必要です

■令和4年度わこう健康マイレージ事業の参加者募集中です!
スマートフォン専用アプリ(無料)を用いて健康づくりをしませんか?
参加希望の方は、「埼玉県コバトン健康マイレージ」アプリをダウンロードして、必要事項の登録が終わると、すぐに開始できます(歩数計の配布は終了しました)。
対象:市内在住・在勤の18歳以上の方(高校生を除く)
※詳しくは、市HP「わこう健康マイレージ」をご覧ください

■ヘルスサポーターを知っていますか?
ヘルスサポーターは、健康づくりのためのボランティアです。まず自分の健康づくり、そして地域を元気にするための仲間になりませんか?
ヘルスサポーター養成講座(年2回、8月・1月を予定)では、生活習慣病・フレイル・お口の健康・運動・地域のことなど、各分野の専門家を講師に招いて学びます。
※グループ活動や講座については市HPもご覧ください

問合せ:健康保険医療課ヘルスサポート担当
【電話】424-9128(平日8:30~17:15)

■令和4年度麻しん・風しん(MR)第2期予防接種
保育園・幼稚園の年長に相当する方には、MRの定期予防接種(法定)があります。
接種期間:4月1日(金)~令和5年3月31日(金)
費用等:無料
対象:
(1)平成28年4月2日~平成29年4月1日生(年長児相当)
(2)接種当日、市に住民登録がある方
※5・6歳であっても保育園・幼稚園の年中や小学1年生に相当する年度では、定期接種の対象外
持ち物:母子手帳(必須)、予防接種予診票、本人確認書類(保険証など)、その他医療機関の指示するもの
・3月下旬以降に和光市に転入された方など、4月中にお手元に通知が届かない方は、保健センターへ問い合わせください
・定期接種の条件(年齢、接種回数・間隔、住民登録など)を外れると、任意接種(全額自己負担)です
・里帰りや疾病などの事情で指定外医療機関での接種が必要な場合は、手続きが必要です

■令和4年度の成人向けの市の健診(特定健診やがん検診など)日程のお知らせ時期
今年度の成人向けの市の健診(特定健診やがん検診等)は、7月1日(金)に開始予定です。お知らせ時期は下記のとおりです。
令和4年度版健康ガイドの配布:6月中に市公共施設へ配架予定
(今年度から全戸配布はなくなります)
広報わこう:6月号に詳細を掲載予定
市HP:随時更新予定

問合せ:健康保険医療課ヘルスサポート担当
【電話】424-9128(平日8:30~17:15)

■高齢者肺炎球菌定期予防接種の公費助成
対象の方が定期接種として、高齢者肺炎球菌予防接種を受けられるのは、当該年度の1年間のみです。公費助成での接種を希望する方は、必ずこの期間に受けてください。2019~2023年度までの5年間において、1人1回に限り、機会が設けられています。
令和4年度の実施期間:4月1日(金)~令和5年3月31日(金)
対象:接種日に市に住民登録があり、過去に高齢者肺炎球菌ワクチン「ニューモバックス」を一度も接種したことがなく(自費での接種含む)、令和5年3月31日(金)までに65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
費用等:自己負担額3,000円(市で約6,000円負担)
申込み:指定医療機関に直接予約し、自己負担額を窓口でお支払いください。指定医療機関は、対象者の方に送付される案内(4月上旬頃発送)及び市HPをご参照ください
・生活保護受給者は、「生活保護受給者証」を接種時に提示した場合のみ無料です
・満60歳以上65歳未満で市に住民登録があり、(1)心臓・腎臓又は呼吸器の機能に障がいを有し日常生活がほとんど制限される方(2)ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する方も定期接種を受けられます
・長期入院や施設入所、疾病などの主治医管理により指定医療機関以外での接種が必要な場合は、必ず接種前に、時間の余裕を持って保健センターへご相談ください(事前手続きが必要)

**********

問合せ:保健センター
【電話】465-0311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU