文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナワクチン接種

4/35

埼玉県和光市

■和光市の新型コロナワクチン接種状況(3月14日時点)
【3回目接種済者数】19,310名(1)
【3回目接種券発行者数】約45,600名(2)
【3回目接種率】42.5%((1)/(2))

■市集団接種会場(旧保健センター)の運営
【実施曜日】火・水・土
【実施時間】10:00~11:45、13:00~16:30
【使用ワクチン】モデルナ社ワクチン
・市集団接種会場では4月以降、モデルナ社ワクチンのみを使用しますが、市内医療機関では引き続きファイザー社ワクチンも使用しています
・3回目接種(追加接種)ではファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチンいずれのワクチンも抗体量は十分上昇し、オミクロン株にも有効とされていますので、できるだけ早く接種するようご検討ください(ワクチン接種は強制されるものではありませんのでワクチンの効果・副反応などについてご理解の上、ご自身の判断により接種をうけてください)
・市集団接種会場の5月の実施体制は今後市HPなどでご案内します

■5~11歳のお子さんに対する接種
5~11歳のお子さんに対する接種については、市内医療機関で開始していますが、以下の日程で小児専用集団接種も実施します。
【実施日程】1回目4月9日・16日・23日の各土曜日2回目4月30日、5月7日・14日の各土曜日
【実施時間】10:00~11:45、13:00~16:30
【実施場所】新保健センター(広沢1-5-51)
・18歳以上の会場(旧保健センター)とは異なります
【使用ワクチン】ファイザー社の小児専用ワクチン
【予約方法】WEB予約コールセンター(【電話】0570-000-572)
・ワクチン接種には保護者の同意と立ち合いが必要です
・お子さんへのワクチン接種は義務ではありません
・1回目接種と2回目接種の接種間隔は、原則として3週間です
・12歳以上の方に使用するファイザー社ワクチンとは製剤や量などが異なります
・小児専用のワクチンを使用しますので、保護者の方に同時に接種することはできません

■副反応が出た時の連絡先
新型コロナワクチン接種後、副反応を疑う症状で医療機関を受診したい場合、まずはかかりつけ医などの身近な医療機関や、ご自身が接種を受けた医療機関で診ていただくことになります。埼玉県では、ワクチン接種後の副反応などに関する専用相談窓口を設置していますので、ご活用ください。
【専用相談窓口】【電話】0570-033-226(ナビダイヤル)
【受付時間】土日祝含む24時間対応

問合せ:新型コロナウイルスワクチン接種事業 推進プロジェクトチーム
【電話】465-0311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU