ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市政情報(3)

19/62

埼玉県熊谷市

◆幼児2人同乗用自転車の購入費補助
「幼児2人同乗用自転車」を購入した方を対象に、購入費の半額(上限3万円)を補助します。また、既に幼児2人同乗用自転車を所有している方が、後から幼児用座席のみを購入した場合でも、当該座席の購入費用が助成の対象になります。

対象:次の要件をすべて満たす方
(1)購入日および申請日に市内に住所を有し、6歳未満の幼児2人以上が同一世帯に属している。
(2)本人および同一世帯の方が市税(国民健康保険税含む)、保育料等を滞納していない。

対象自転車:次の要件をすべて満たすもの
(1)幼児2人同乗用自転車安全基準(BAA)適合
(2)2席の安全基準(SG)適合の幼児用座席が装着されている。
(3)平成24年4月1日以後に購入(中古品および転売品を除く)

申請期間:令和2年3月31日(火)まで
申請方法:申請書に領収書原本(自転車本体および後部座席の金額、型番、購入者名、購入日、購入店名の記載があるもの)、保証書など(安全基準適合とわかるもの)の写しを添えて下記へ。
※1世帯につき申請1回、台数1台までです。
※申請書は、左記または各行政センター福祉担当係にあります。なお、各行政センターでは、申請書の配布のみで、申請はできません。

問合せ:こども課
【電話】(内線289)

◆選挙人名簿の登録と閲覧
6月1日現在の住民票に基づき、選挙人名簿への定時登録を行います。今回登録されるのは次の方です。

○最近転入した方
平成31年3月1日までに住民票が作成され、または転入届出をし、引き続き熊谷市に住所のある方で、年齢が満18歳以上の方

○年齢が満18歳になる方
同日以前から熊谷市に住所がある方で、平成13年6月2日までに生まれた方

○閲覧時間等(要事前連絡)
日時:平日の8時30分〜17時15分
場所:下記
※特定の者が登録確認のため異議申出期間内に行う場合は、閉庁日も可能です。
※選挙期日の公示または告示の日から選挙期日の5日後までの間は閲覧できません。

異議の申出:登録日の翌日から5日間

問合せ:選挙管理委員会事務局
【電話】(内線397)

◆パパ・ママ応援ショップ優待カードが新しくなりました!
高校生までのお子さん、または妊娠中の方がいる家庭がご利用の「パパ・ママ応援ショップ優待カード」は、平成31年3月末日をもって有効期間が満了となりました。
新しいカードは、県公式スマホアプリ「まいたま」から取得、または下記窓口で紙のカードを配布しています。

▽カード配布窓口
・こども課(本庁舎4階)
・各行政センター福祉担当窓口
・各子育て支援拠点
・熊谷・籠原駅連絡所
・さくらめいと出張所
※お子さんの年齢が確認できる書類(母子手帳、健康保険証等)を持参してください。

問合せ:
・県少子政策課
【電話】048-830-3343

・こども課
【電話】(内線289)

◆国民健康保険証を使用して柔道整復・鍼灸(しんきゅう)・あん摩マッサージ施術を受ける方へ

▽保険証を使用できる治療・施術は?
○柔道整復施術
明らかな怪我の痛み(骨折、脱臼、打撲、捻挫等)

○鍼灸
神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症

○マッサージ
筋麻痺、筋萎縮、関節拘縮など医療上マッサージが必要な症例
※これらの治療等は、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

▽治療・施術を受けるときの注意!
○治療費は、保険給付分を施術管理者が患者に代わり保険請求するため、自己負担分のみ支払うことで施術を受けることができます。ただし、施術を受ける際、治療内容・日数等について誤りがないか確認の上、患者の方の署名が必要となります。

○保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等により治療中の場合は、施術を受けても保険診療の対象になりません。

問合せ:保険年金課
【電話】(内線279)

◆不要入れ歯をご寄附ください
不要になった入れ歯を回収し、日本ユニセフ協会を通じ、世界の子どもたちのために役立てています。回収箱を、市役所、各行政センター、コミュニティセンターに設置していますので、ご協力をお願いします。

問合せ:熊谷市社会福祉協議会
【電話】048-588-2888

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU