ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

建物の今後についてどのように考えていますか?

2/62

埼玉県熊谷市

◆建物の今後についてどのように考えていますか?
建物を相続しても住まない人が増えています。思い出の詰まった建物をどうするかは簡単に答えが出るものではありません。建物を手放すのか持ち続けるのか、どのような手段があるのかを把握してお持ちの建物の今後について一緒に考えましょう。


▽熊谷市は空き家対策を推進します!
空き家を所有する方や、空き家を相続した方で、今後どうすればよいか分からないときは、安心安全課(本庁舎4階)に新しく設置された「空家対策係」までお気軽にご相談ください。

問合せ:安心安全課
【電話】(内線332)

▽熊谷市空家等対策協議会の委員募集
本市では、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき『熊谷市空家等対策協議会』を設置しています。その委員として空き家対策に関心のある方を募集します。

対象:市内在住の20 歳以上で、空き家対策に関心があり、協議会に出席可能な方(年2 〜3 回開催予定)
任期:委嘱の日から2 年間
募集人数:2人
応募方法:「応募の動機」と「空家について思うこと」を800 字以内にまとめ、氏名(ふりがな)・住所・生年月日・職業・電話番号を明記し、6 月7 日(金)までに、下記へ直接提出、または郵送(必着)してください。
結果通知:審査後、結果は個別にお知らせします。

問合せ:安心安全課
【電話】(内線332)

▽熊谷市では、平成31 年3 月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく特定空家等の措置(助言・指導)を所有者等に対して実施しました。

○「特定空家等」とは
・倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態の空家
・著しく衛生上有害となるおそれのある状態の空家
・適切な管理が行われてないことにより著しく景観を損なっている状態の空家
・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態の空家

●改善されずに是正に係る勧告を受けると、固定資産税等の住宅用地特定が解除されます。
●それでも改善されずに、行政代執行をした場合は、係る費用を所有者等に請求します。

▽市政宅配講座「空き家対策の1・2・3!!」の新設
本市の空き家の現状や、市民の皆さんができる空き家対策について、今年度から市政宅配講座として実施します。10 人以上の仲間が集まれば、誰でも気軽に利用できますので、ぜひご利用ください。
講座時間:概ね2 時間程度

問合せ:安心安全課
【電話】(内線332)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階