ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

いきいき健康生活

17/50

埼玉県鴻巣市

◆正しい歯みがきについて

皆さんは毎食後、1日3回歯みがきをしていますか?
朝・昼・晩どれも大切ですが、特に夜寝る前の歯みがきはとても重要です。もし歯みがきを忘れて寝てしまうと、寝ている間にお口の中で、むし歯菌や歯周病細菌などがどんどん増えてしまいます。
歯みがきの最も重要な目的の一つは、お口の中の歯垢(プラーク)を取り除くことです。歯垢とは細菌の塊ですので、歯みがきをして歯垢を取り除くこ日時:細菌の除去ということになります。細菌を除去することで、むし歯や歯周病になりにくくなり、全身の健康を守ることにもつながります。毎日、正しくしっかりと歯みがきをしましょう。
では、正しい歯みがきとは、どのようにすればよいのでしょうか?順番を決めて、1〜2本ずつみがいていきましょう。歯ブラシを歯の面に当て、1か所20〜30回くらい小刻みに歯ブラシを動かし、しっかりと歯垢を落としていきましょう。強く力を入れすぎないようにしましょう。
歯垢の付きやすいところは(1)歯のかむ面(2)歯と歯の間(3)歯と歯肉の境目(4)歯並びの悪いところなどです。歯ブラシだけでは歯垢を落としきれない時は、糸ようじ(デンタルフロス)や歯間ブラシなどを使いましょう。お口の中の環境は一人ひとり違います。自分に合った歯みがきの仕方については、歯科医院に行って教えてもらいましょう。

(一般社団法人北足立歯科医師会)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU