ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

山香病院だより vol .134~「脂肪肝ってどんな病気?」

20/39

大分県杵築市

総合診療科医 和田 亜由美(わだ あゆみ)

「脂肪肝」とは肝臓に多くの脂肪が溜まった状態のことをいいます。お酒によるアルコール性と、全くお酒を飲まない人や一定量(※)未満のお酒を飲む人がなる非アルコール性とがあり、どちらの場合も進行すると脂肪肝→脂肪肝炎→肝硬変の状態になり、肝癌(がん)を発症することもあります。
※1日あたり、純エタノール換算で男性30g、女性20g以上のお酒(男性の場合ビールで750ml、日本酒で1合半、ワインでグラス2杯半、ウイスキーでダブル1杯半、女性はその3分の2)を飲み続けた場合に起こる肝障害はアルコール性肝障害と言われます。
アルコール以外が原因の脂肪肝は、多くが肥満・糖尿病・脂質異常症・高血圧を伴っており、メタボリックシンドロームの肝臓病と考えられています。
非アルコール性脂肪肝のうち80~90%は長期間脂肪肝のまま経過し、病気が進行することはほとんどありません。しかし、10~20%程度は徐々に悪化し肝硬変や肝癌になることがあります。脂肪肝の怖いところは、進行した状態でなければ自覚症状がほとんどないという点です。自分では気づきにくいため、毎年健康診断を受診することは意義があります。健康診断などの血液検査で肝機能異常を指摘された場合、超音波(エコー)で肝臓の状態を確認し、血液検査等でウィルス性肝炎など他の肝臓病や合併症がないかを調べます。
脂肪肝の治療は、「食事療法」「運動療法」などで生活習慣を改善し、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧を是正することが基本です。肥満があれば減量し、効果不十分であれば、糖尿病・脂質異常症・高血圧に対してはそれぞれの薬物療法が行われます。
脂肪肝の予防には次のような方法があります。(1)自分の体格・体重を気にすること。(2)健康診断を受け自分の肝臓の状態を気にすること。(3)食生活を見直すこと。(果物を含む甘いもの、動物性脂肪を含む食品を摂り過ぎない、緑黄色野菜、青魚を積極的に摂取する等)(4)有酸素運動をすること。(脂肪を燃焼させるには、ウォーキングやジョギング、水泳などの運動1回30分以上を週3、4回行うことが有効と言われます。関節に負担をかけない程度の筋肉トレーニングも行うと、筋肉量が増加し基礎代謝が高まるため、さらに効果的です。)
脂肪肝だけでなく、生活習慣病の予防には普段からの心がけが重要ですね。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU