文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月は消費者月間「身近に潜むトラブルに気を付けて!」

5/64

大阪府枚方市 ホームページ利用規約等

■地域で高齢者や障害者を見守ります
平成31年4月1日から、消費者相談が困難な高齢者や障害者などを、市、警察、弁護士会、福祉関係など13機関が連携して地域で見守っています。被害の動向等の情報共有・意見交換をし、早期解決・未然防止につなげます。

■来年(2022年)4月、成年年齢が20歳から18歳に
成人になると親の同意無しに高額商品を購入できるようになり、未成年者であることを理由に契約を取り消せなくなります。大きな買い物は慎重に!

■出前講座の利用を
高齢者を狙った悪質商法の撃退方法や若者を狙った消費者トラブルの対処法などを消費生活相談員が地域に出向いて話します。対象は自治会、老人会、PTA、学校など。無料で利用できます。詳細はセンターへお問い合わせを。

■おかしいな?と思ったら、消費生活センターに相談を!
◇救済金額
約7000万円
※相談などで被害の未然防止や回復が図られた金額

◇相談件数
3414件(令和2年度実績)

被害を未然に防ぐため、悪質商法や商品事故など事業者とのトラブルを解決に向けて消費生活相談員が一緒に考えます。センター窓口での消費生活相談は電話予約制です。まずは電話で相談を!

相談専用電話:【電話】844-2431
受付時間は平日午前9時30分~午後4時30分、相談無料・秘密厳守

5月1日(土)~5日(祝)の大型連休中は消費者ホットライン
【電話】188(いやや)に相談を!

■だまされない賢い消費者になろう!国民生活センターメールマガジンの登録を
◇おすすめフレッシュ便
国民生活センターホームページの新着情報をその日に配信。

◇見守り新鮮情報
高齢者や障害者に多発している悪質商法の手口や製品事故を月2回程度配信。

◇子どもサポート情報
子どもに多い携帯電話やアダルト情報サイトのトラブル、大学生に広がる悪質なマルチ商法などを月1回程度配信。おすすめフレッシュ便国民生活センターホームページの新着情報をその日に配信。

暮らしに役立つ情報が届きます。登録は国民生活センターホームページ(【HP】http://www.kokusen.go.jp/)参照。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU