文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月1日から市の組織体制強化を図ります

4/48

大阪府阪南市

本市の将来を見据えた取組を進めるため、より機能的で重点的な業務体制の確立をめざし、組織を見直します。

■めざす姿
・財政再建を強力に推進し、行財政構造改革に取り組みます。
・魅力的なまちづくりを創造し推進します。

活力とやさしさあふれるまちづくりの実現をめざします。

■主な見直しの内容
〇行財政構造改革推進室の設置
財政非常事態宣言を踏まえ、将来にわたり、持続可能な行財政運営を確立していくため、財政再建を強力に推進し、行財政構造改革に取り組みます。
※行革・財政・管財関係業務

〇未来創生部の設置
「誰もが住みたい、住んで良かったまち」と感じる魅力的なまちづくりを創造し推進します。また、協働によるまちづくりを基本に、地域の活力を高め、次世代に向けた持続可能な地域社会の構築、ウィズコロナ時代の「新しい生活様式」を踏まえながら、地域の課題解決や生活の向上をめざします。

〇政策共創室の設置
新しい「総合計画」の策定と推進、企画・立案機能を強化するとともに、共創の地域社会づくりの構築をめざします。
※企画・計画関係業務と地域まちづくり支援課に関する業務

〇シティプロモーション推進課の設置
シティプロモーション、スマートシティの実現、行政のデジタル化やさらなる企業連携を推進します。
※広報・情報化関係業務、SDGs推進関係業務

■その他統合や名称変更など
・市長公室⇒廃止。総務部と未来創生部に再編
・福祉部と健康部⇒健康福祉部に統合
・事業部を都市整備部に名称変更
・秘書広報課⇒廃止。秘書業務は秘書人事課へ。広報や電算業務はシティプロモーション推進課に再編
・地域まちづくり支援課⇒政策共創室に統合
・行政経営室⇒廃止。行財政構造改革推進室、政策共創室、シティプロモーション推進課に再編
・まちの活力創造課⇒市民部から未来創生部に移管
・事業総務課⇒都市総務課に名称変更
・農林水産課⇒河川農水課に再編
・土木管理室⇒河川・水路関係業務は河川農水課へ。道路・橋梁(きょうりょう)・公園関係業務は道路公園課に再編

■市役所分館

■清掃庁舎

■保健センター

■市役所1階
(※配置の詳細は紙面・PDF版のみの掲載となります。)

■市役所2階
(※配置の詳細は紙面・PDF版のみの掲載となります。)

■用語集
ウォーカブルシティ:歩きたくなるまちのこと。自動車を使用せずに歩いて移動できるまちのこと。
SDGs:国連サミットで採択されたもので、国連加盟国193か国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた目標。
シティプロモーション:地域活性化のため、市の魅力を市内外に発信(宣伝・広報活動)することや住んでいる人に愛着や誇りを持ってもらう取組。
スマートシティ:少子高齢化などの社会が抱える諸課題に対して、ICTなどの新技術を活用した、より効率的で快適な都市をめざしたまちづくりの考え方。

問合せ:人事課
【電話】内線2302

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU