ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

これからの農業はスマートに(1)

1/13

宮崎県

宮崎牛や完熟マンゴーなど世界に誇るブランド農畜産物を有し、農業産出額は全国第5位と、全国有数の食料供給基地として重要な役割を担う本県。
一方で、人口減少社会の到来に伴い、農業者の減少や高齢化が進行しており、生産力の低下や熟練農家の技術喪失など産地の衰退が懸念されています。
加えて、TPP(環太平洋経済連携協定)などによる国際競争なども激化している中で、従来の生産方法や考え方だけでは、本県の農業・農村の活力維持は難しく、時代の変化に対応した生産構造への転換が重要な課題となっています。
そこで、これからの本県の農業を支えていくのがスマート農業。
今回は、そんなスマート農業についてご紹介します。

◎スマート農業とは…
ICT(情報通信技術)やロボット・AI(人工知能)などの先端技術を活用した農業のことです。
ドローンによる農薬散布や自動運転トラクターなどスマート農業技術の活用により、無人化・省力化や規模拡大・生産性の向上が可能となります。

◎スマート農業の将来像!
一見便利なようで、分からないことも多いスマート農業。
そこで県では、令和元年12月に、スマート農業の将来像「ひなたスマートアグリビジョン」をはじめ、スマート農業に関するさまざまな情報が詰まった「みやざきスマート農業推進方針」を策定しました。
その実現に向けた取り組みを展開することで、スマート農業の導入を後押ししています。

■「ひなたスマートアグリビジョン」3本の柱!
(1)だれでもできる!
アシスト機能や自動走行の技術などにより、誰もが取り組める農業環境を整備するとともに、ICTを活用した農業技術の「見える化」を図ることなどにより、農業のユニバーサル化を実現します。

(2)楽しくできる!
畜産・露地園芸・施設園芸などのさまざまな分野に適応した技術を活用することで、超省力・高効率で高収益な農業を実現します。

(3)どこでもできる!
棚田への水管理システムの導入や、ICT自動捕獲システムなどを活用した野生鳥獣による被害減少などにも取り組み、中山間地域など条件不利地域での持続可能な農業を実現します。

「みやざきスマート農業推進方針」について詳しくは県のホームページを見てね!
■将来像の実現に向け、3つの視点からスマート農業の実装化を支援しています
(1)知る
最新の農業新技術を紹介するフォーラムなどの開催
学生や一般の農業者を含めた農業新技術を学べる機会の充実 など

(2)試す
スマート農業に関する機械メーカーと連携した実演会などの開催
スマート農業実践者から得られた経営データなどの収集・分析と情報提供の実施 など
(3)使いこなす
スマート農業を使いこなす農業者や指導者の育成
スマート農業に対応した農地などの基盤整備を推進 など
県では、さまざまな形で取り組みを支援しているよ!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU