ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年初春 謹賀新年

一覧へ戻る

富山県黒部市

■黒部市長 大野久芳

明けましておめでとうございます。市民の皆さまには健やかに清々しく新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年中は市政各般にわたり、格別のご理解とご協力を賜り、深く感謝申し上げます。
顧みますと昨年は、本市において二度目となる「名水サミット in 黒部」を7月に開催し、名水の保全とその恵みへの感謝を再認識するとともに、全国から来訪された方々に改めて「名水の里 黒部」の魅力を発信することができました。併せて、11月には県内において「ねんりんピック富山2018」が開幕し、本市においても、「ソフトバレーボール交流大会」並びに「俳句交流大会」が成功裏に開催され、相互の親睦と交流を深める中で、黒部の「山・川・里・海」の魅力を十二分に堪能いただくなど、素晴らしい機会に恵まれた年となりました。
加えて、「第35回カーター記念黒部名水マラソン」の開催をはじめ、本市の魅力を存分に楽しんでいただけるイベントを引き続き展開し、またハード面では、2020年4月に開校を予定する統合中学校の校名を「清明中学校」、「明峰中学校」と決定し、校舎の改修工事や体育施設の建設事業を順調に進めるとともに、12月には火災や救急、防災・減災対応拠点の一翼を担う「宇奈月消防署」の整備を完了させるなど、着実に事業を進めることができました。
さて、迎えた本年は、「ももいろクローバーZ 春の一大事2019 in 黒部市」や「第9回シアター・オリンピックス」の開催など新たな話題と魅力づくりに取り組みながら、「(仮称)くろべ市民交流センター」や「道の駅(仮称)くろべ」の整備をはじめ、「第2次黒部市総合振興計画」に掲げる各種施策の推進と市民と行政の協働によるまちづくりを強力に実行してまいります。
今後も、本市の知恵を結集し、将来都市像「大自然のシンフォニー 文化・交流のまち 黒部」の実現と「健やか 展やか 朗らか」黒部の創造を目指し、誠心誠意取り組んでまいりますので、皆さまのより一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
結びに、本年が皆さま方にとりまして、幸多き年となりますよう心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。

■黒部市議会議長 辻泰久

明けましておめでとうございます。市民の皆さまには、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。平素より、市政に対しまして温かいご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
昨年は、記録的な大雪、夏の連日の猛暑、台風による豪雨水害、大地震など、地球環境の変化に伴う自然災害が多く発生した一方で、平昌五輪や米大リーグ、全米オープンテニスなど、世界で活躍する日本人の姿に感動した年でありました。
本市では、5月は「第35回カーター記念黒部名水マラソン」、7月は「名水サミット in 黒部」、11月は「ねんりんピック富山2018」の「ソフトバレーボール交流大会」と「俳句交流大会」が開催されるなど、全国各地から数多くの方々においでいただき、我々も黒部の魅力を発信できたものと感じております。
さて、本市のさらなる飛躍を目指し、「第2次黒部市総合振興計画」が昨年よりスタートいたしました。
市議会といたしましては、黒部市議会基本条例に基づき、議決機関としての役割と責任を果たすべく、各事業が着実に推進されているか、適切な行財政運営に注視しながら市政のチェック機能を強化するとともに、市民の多様な意見を把握し、政策立案に反映できるよう、なお一層議論を深め、市民に開かれた議会づくりへの機能強化と運営の改善等に取り組んでまいります。
また、議員一丸となって、市民の福祉向上と市政の発展に鋭意努め、誰もが安心して心豊かに暮らせるまちづくりの実現に向けて、皆さまとともに進めてまいりますので、本年も引き続き、積極的なご参画、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
結びに、市民の皆さまが健康で幸せな一年でありますよう心からお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階