文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活情報~困った時はすぐ相談!

3/28

山口県下松市

■18歳から”大人”に 若者に気を付けてほしい消費者トラブル
 
Q:ネット上で高収入が得られるという情報商材を勧められましたが、どんな注意が必要ですか。

A:情報商材とは、副業、投資、ギャンブルなどで高収入を得るためのノウハウと称して、インターネット上で販売されている情報のことです。
友人やSNS上の知人から、「簡単にもうかると情報商材の購入やサポート契約を勧められたが内容が説明と違っていた」「もうけで簡単に返済できると言われ、クレジットカードでの高額決済や消費者金融での借金をしてしまった」といったトラブルが増えています。
簡単にもうかる「うまい話」はありません。トラブルに遭わないためには、実態や仕組みが分からないもうけ話には関わらないこと、「必ずもうかる」「楽して稼げる」といった話に飛びつかないことが重要です。また、友人からの誘いでも、きっぱり断り、契約をせかす人、親には内緒でなどと言う人は相手にしないこと、借金をしてまで契約しないことも大切です。おかしいな、と思ったら、すぐに家族や消費生活センターに相談しましょう。

問合せ:
消費生活センター【電話】44-0999
消費者ホットライン【電話】188

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU