ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症 生活支援対策および緊急経済対策(2)

12/36

山口県阿武町

■新型コロナウイルス感染症 緊急経済対策 町内事業者のみなさんへ
▼給付金
昨年から大きく減収になった事業者が対象です。

▽持続化給付金(国)
新型コロナウイルス感染症の拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える給付金を支給します。

(1)対象者
中小企業、個人事業者など、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している方
(2)給付額 前年の総売上(事業収入)-(前年同月比50%減少月の売上×12ヶ月)
・法人…200万円以内
・個人事業者…100万円以内
(3)申請窓口 経済産業省(持続化給付金オンライン申請)

(4)問い合わせ
阿武町役場まちづくり推進課【電話】2-3111
萩阿武商工会阿武支所【電話】2-2105

▽阿武町事業継続緊急支援給付金(町)
感染症拡大による大幅な減収の他、休業など特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えするため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

(1)対象者
前年売上高が50万円以上の事業者で、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が前年同月比で30%以上減少している方、または国の緊急事態宣言を受け休業に協力された方
(2)給付額定額
・法人…20万円
・個人事業者…10万円
(3)申請窓口
阿武町役場まちづくり推進課【電話】2-3111
萩阿武商工会阿武支所【電話】2-2105

▽新型コロナウイルス対策営業持続化等支援金(県)
新型コロナウイルス感染症による売上げ減少等、影響が極めて大きい業種の営業の維持に対する取り組みを支援します。

(1)対象 食事提供施設(旅館等の宿泊施設含む)
(2)補助額 定額10万円
(3)申請窓口 萩阿武商工会阿武支所
【電話】2-2105

▼補助金
感染症に対応する前向きな取り組みを支援します。

▽がんばる事業所応援補助金(町)
町内で飲食業を営む事業者で、店内での飲食による感染を防ぐため、テイクアウトやデリバリーを導入するなど、事業継続のための前向きな取り組みに対し補助を行います。

(1)対象者
町内で飲食業を営んでいる個人および法人で最近1ヶ月の売上高が前年同月比で20%以上減少している方
(2)補助対象経費 委託費、外注費、商品開発費、広告宣伝費、印刷製本費、備品購入費等
(3)補助率 10/10
(4)上限額 1事業者あたり10万円
(5)対象期間 4月~6月
(6)申請窓口 阿武町役場まちづくり推進課
【電話】2-3111

▽新型コロナウイルス感染症対策 備品等購入費補助金(町)
新型コロナウイルス感染症の被害防止を図るため、事業所を対象に、感染症対策備品の購入および設備を設置する場合、補助金を交付します。

(1)対象者 町内の事業者
(2)補助対象経費 1件1万円以上の新型コロナウイルス感染症対策備品および設備に要する経費
(3)補助率 9/10
(4)上限額 30万円
(5)申請窓口 阿武町役場まちづくり推進課
【電話】2-3111

申請手続きに必要な書類など、詳細は「広報あぶ」今月号と一緒に配布した「新型コロナウイルス感染症緊急経済支援制度のご案内」をご覧ください。

緊急経済対策に関するご相談は:
阿武町役場まちづくり推進課【電話】2-3111
または萩阿武商工会阿武支所【電話】2-2105

■4/27経済支援策への意見問う公聴会 「いますぐ必要」地域の声を反映
「新型コロナ」の影響を受けた事業所への経済支援策について、町が示した案に対する地域の意見を問う「公聴会」が、町内の商工業や販売業、金融業や社会福祉協議会の関係者などの出席のもと、開かれました。
出席者からの、「飲食業を営む人にとって、売上が2割減少した時点で大打撃」との指摘を受け、当初案では「売上高50%以上減少」としていた「がんばる事業所応援補助金」の条件を「20%以上減少」に引き下げるなど、より実情に適した支援策を模索しました。
このほか、他市町が導入した事例を参考に、運転資金を迅速に補う融資制度が提案されるなどして、支援策の方針が固まりました。

出席者からの声。「いますぐ必要な支援がある。可能な限り支援を受けるための垣根を下げ、手続きの手間を簡潔・迅速にすることが必要」

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU