ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症 生活支援対策および緊急経済対策(4)

14/36

山口県阿武町

■年金のたより 国民年金被保険者のみなさまへ
新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な方へ
令和2年5月1日から、新型コロナウイルスの感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより収入が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料免除の手続きが可能となりました。

1.対象となる方
以下のいずれにも該当する方が対象になります。(
1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと。
(2)令和2年2月以降の所得などの状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれる方

2.申請の対象となる期間
令和2年2月分から6月分まで
※令和2年7月分以降は、改めて申請が必要です。

3.申請に必要なもの
・国民年金保険料免除・納付猶予申請書
・所得の申立書「簡易な所得見込額の申立書(臨時特例用)」
※各種様式は、萩年金事務所または阿武町役場・戸籍税務課にあります。また、日本年金機構のWebサイトからダウンロードできます。

4.申請方法
申請書の提出先は、萩年金事務所、または、阿武町役場・戸籍税務課です。
※新型コロナウイルス感染防止の観点から、郵送での提出を、ぜひご活用ください。

問い合わせ:
萩年金事務所【電話】0838-24-2158
ねんきん加入者ダイヤル【電話】0570-003-004
阿武町役場戸籍税務課【電話】2-0500

学生についても、収入が相当程度まで下がった場合は、同様に本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料学生納付特例申請が可能です。

■4/30萩阿武商工会が要望書を提出「事業継続なくして生活も雇用もない」
地域の事業者支援を担う萩阿武商工会の末若憲二(すえわかけんじ)会長と、阿武支所の栗山翼(くりやまたすく)支所長が、行政による経済支援策に対する要望書を、花田憲彦(はなだのりひこ)町長に手渡しました。
要望の中には、国への助成金申請に必要な書類作成を担う「専門家(社会保険労務士)への手数料の支援」が盛り込まれました。
小規模事業者が各自で専門家に依頼することは負担が大きく難しいため、商工会が窓口となって申請書類の作成支援業務を行うことになっています。
要望を受けて阿武町では、独自の取り組みとして、商工会に対する上限50万円の「申請業務サポート補助金」を設けています。
要望を伝える末若会長と栗山支所長:「事業継続なくして事業主自身の生活も、雇用の継続もありません」と、支援の必要性を強調

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU