ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長コラム 打てば響く

7/36

山口県阿武町

■山口県百名山
以前買った本に、「山口県百名山」(中島篤巳(なかしまあつみ)著、1995年発刊、葦書房)という本があります。
この本には、山口県内の山を高さだけでなく、著者が地域との関わりも含めた独自の指標で選んだ百座(山)が掲載されています。
この中で阿武町の山は、「遠岳山(とおだけやま)」(奈古、標高416・2m)と「新宮山(しんぐうやま)」(宇田郷、同483・3m)が紹介されています。
阿武町民のみなさんなら、どなたもご存じのように、この二座と「伊羅尾山(いらおやま)」(福賀、同640・7m)を含めた三座は、「阿武町歌」の歌詞に「緑濃き 伊羅尾 遠嶽 新宮山の そのふもと…」と謳(うた)われている、地域のシンボルです。
ところで、みなさんは、この山の頂上に立ったことがありますか?名前は知っていて、麓(ふもと)から眺めることはあっても、案外、その山に登ったことがない人が多いのではないでしょうか。
子どもたちが旅立ち、遠くから故郷を思うとき、必ず山や川や海、あるいは田園風景や地域の伝統行事が浮かんでくると思います。そして、そのことが故郷回帰につながっていくと思います。
一度自らの足で登頂し、山頂からの眺めを体験し、自信をもって、これらの山々を語ってほしいと思います。家族、子どもたちと一緒なら、なお良いですね。

花田憲彦(はなだのりひこ) 町長

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU