ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月24日から30日は「結核予防週間」です

15/23

山形県三川町

日本の結核の現状は、罹患(りかん)率、死亡率ともに先進諸国の中で高い状況にあり、今でも1日に50人の新しい患者が発生し、5人が命を落とすなど、決して過去の病気ではありません。
結核に関する正しい知識を持ち、結核予防に心掛けましょう。

■結核はこんな病気です
結核は、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。重症の結核患者のせきなどで結核菌が飛び散り、周りの人がそれを直接吸い込むことで感染します。ただし、結核に感染しても必ず発病するわけではなく、通常は免疫力により結核菌の増殖を抑え込みます。免疫力で結核菌の増殖を抑えきれなくなると結核を発病します。

■結核の初期症状は次のとおりです
・せきが2週間以上長引く
・たんや血たんが出る
・胸が痛い
・微熱が続く
・体重が急に減少する(高齢者の場合にはこの症状しか現れないことも多い)

■「おかしいな」と思ったら、早めに受診しましょう
早期発見は本人の重症化を防ぐだけでなく、家族や職場などへの感染の拡大を防ぐためにも重要です。結核の初期症状と思われる症状が現れたら、早めに医療機関を受診しましょう。

■予防のポイントは
結核の発病を防ぐには、免疫力の低下につながる不規則な生活を避け、規則正しい生活を心掛けましょう。また、定期的に健康診断を受け、胸部エックス線検査で結核の兆候がないかをチェックしましょう。会社などで、こうした検査がない場合は、ぜひ町の検診を受診ください。

問合せ先:役場健康福祉課健康係
【電話】35-7032

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU