文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長コラム「誠・心・誠・意」

7/23

山形県三川町

■3回目接種・小児接種をスタート
3月21日(月)以降、本町でも新型コロナワクチンの3回目接種の集団接種をスタートさせました。私も3回目接種を済ませ、2、3日ほど接種部位の痛みが続きましたが、それ以外の副反応は表れず、体調には問題なく毎日を過ごしています。
3回目接種は、全国的にはすでに4割近くの方が接種を完了しており、本町ではやや遅いスタートとなりましたが、ワクチンの供給状況などを踏まえた対応であることをご理解いただきたいと思います。町では、今後も2回目接種後6カ月を経過する方に、随時集団接種を実施する予定ですので、接種のご検討をお願いします。
1月から続く感染拡大の第6波は、3回目接種の効果もあってか全国的にはピークアウトの傾向がみられます。県内でも、1日あたりの新規感染者数が3桁となる状況が続き、一時、300人台となりましたが、現在は減少傾向にあります。
こうした中、現在進めている3回目接種に加え、新たに接種対象となった5~11歳の子どもへのワクチン接種(小児接種)は、感染者のさらなる減少のきっかけになるのではと、その効果に期待しています。特に第6波では、これまでワクチン接種の対象となっていなかった子どもたちの感染が要因となり、施設内や家庭内で感染が拡大するケースが多く見られました。こうしたことからも、5~11歳の子どもには積極的な接種をお願いしたいと思っています。ただ、12歳以上の方への接種と同様に、ワクチンの有効性や安全性が確認されている一方で、副反応が表れる可能性があることも報告されています。
基礎疾患のあるお子さま等、重症化リスクのある方は、主治医と相談の上、また、そうでない方も発症予防効果のメリットと副反応のデメリットについて、お子さまと保護者の双方が十分に理解していただき、接種をご検討ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU