文字サイズ
自治体の皆さまへ

山形連携中枢都市圏の連携市町が増えました

6/23

山形県朝日町

中核市の山形市を中心とする山形連携中枢都市圏は1月12日、新たに尾花沢市・大石田町との間で山形連携中枢都市圏連携協約を締結しました。これにより、同都市圏の連携市町が、村山地区全域の7市7町(※)となりました。各市町の強みを組み合わせて一丸となり、東北地方で一番元気なエリアとして発展していくことを目指します。
※山形市・寒河江市・上山市・村山市・天童市・東根市・尾花沢市・山辺町・中山町・河北町・西川町・朝日町・大江町・大石田町

■山形連携中枢都市圏とは
各市町が連携して様々な施策を実施し、地域の活性化を通じて魅力ある圏域となることを目指します。これにより、人口減少・少子高齢化社会にあっても、山形県ひいては東北地方の中核として人口のダム機能を果たしていくことが期待されています。
連携による広域観光の促進、次世代型医療用重粒子線照射装置利用のPR、子育て支援センターの相互利用など、今後も様々な連携事業を実施し、圏域の活性化を図っていきます。

問合せ:政策推進課 総合政策係
【電話】67-2112

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU