ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

図書室だより

18/23

山形県金山町

中央公民館内 9:00→16:00

■5月新刊本 今月は8冊!
※(  )内作者名
最高の入浴法(早坂信哉)
そして、バトンは渡された(瀬尾まいこ)
ある男(平野啓一郎)
こぐまのアーリーとあかいぼうし(わだあい)
ぶうぶうママ(小路智子)
魔眼の匣の殺人(今村昌弘)
イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑(木野村朱美)
ベビースターラーメンレシピ(おやつカンパニー)

■『ニムロッド』(上田岳弘/講談社)
芥川賞受賞作品。新時代仮想通貨(ビットコイン)小説。技術が進む傍らで、人間だけが取り残されているような足元のおぼつかなさ。やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。「すべては取り換え可能であった」という言葉を残して。それでもまだ、人間でいつづけることはできるのか。

■『1R1分34秒』(町屋良平/新潮社)
デビュー戦を初回KOで飾ってから3勝1分。これをしておけば勝てたかもしれない練習。21歳のぼくは、自分の弱さと人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、現役ボクサーで駆け出しトレーナーの変わり者、ウメキチとの練習の日々がぼくを、心身を、世界を変えていく。

■森の子ども図書コーナーNo.161 交流サロンぽすと内
『まめとすみとわら』(せなけいこ/文・作 あかつき)
みなさんは、まめにどうして黒いすじがついているのか、知ってる?―むかしあるところで豆を煮ていました。すると一粒の豆がぴょーんと飛び出しました。それを見て、お鍋の下の火の中から一本のわらと墨がひとかけ飛び出してきて、みんなで旅に出ることにしました。どんどん歩いていくと、大きな川がありました。川には橋がありません。どうやって渡ろう?「じゃあ僕が橋になろう」とわらが言いましたが、墨はこわくてぶるぶる。墨が震えると赤くなってきて、わらが燃え出してしまいました。そして川の中へぼっちゃーん!それを見ていた豆が笑いだしましたが…。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階