文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月は世界アルツハイマー月間

15/65

岡山県倉敷市

毎年9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。この日を中心として9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、さまざまな取り組みが行われています。

■認知症と加齢による物忘れは違います
認知症は、体験したこと自体を忘れてしまったり、物忘れの自覚がなかったりします。加齢による物忘れでは、ヒントやきっかけがあれば思い出すことができます。記憶力や判断力といった脳の機能の低下により、次のような様子が見られたら、認知症の始まりかもしれません。
・物忘れが増える
・日付や曜日が分からない
・ささいなことでも怒りっぽくなった・疑い深くなった
・料理・片付け・計算・運転など今までできていたことが難しくなった
・服装など身の回りのことに無頓着になった
・今まで楽しかったこと、好きだったことへの関心や意欲がなくなった

■不安や悩みを相談できる場所があります
「もしかして認知症では」「認知症の家族をどのように介護すればよいのか」といった不安や悩みを一人で抱えていませんか。まずは、かかりつけ医や近くの高齢者支援センター、問い合わせ先に相談してください。

■認知症サポーター養成講座を開催しています
認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る地域の応援者「認知症サポーター」になりませんか。受講希望者は問い合わせ先へ連絡を。

■認知症になっても「わたしらしく」!
認知症は誰もがなりうるものであり、多くの人にとって身近なものとなっています。地域には、認知症になっても、できないことはさまざまな工夫でカバーし、できることを生かして希望や生きがいをもって暮らしている認知症の人がいます。また、認知症の人同士で集まって自分の希望などを話し合う取り組みが行われています。

問合せ:本庁健康長寿課地域包括ケア推進室
【電話】426-3417

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU