文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月21日~30日は秋の交通安全市民運動

18/65

岡山県倉敷市

■スローガン
思いやり ゆとりは無事故へ つづく道

■重点目標
◇子どもと高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
・子どもや高齢者を見掛けたら、スピードを控え、突然の横断や進路変更に備えるなど思いやりのある運転に努める
・高齢運転者標識を付けた車に、幅寄せや割り込みをしない
・年齢とともに運転技能は低下するため、自分の運転に不安を感じた場合は、運転免許証の自主返納を検討する

◇夕暮れ時と夜間の事故防止と歩行者等の保護など安全運転意識の向上
・夕暮れ時は早めにライトを点灯し、歩行者は夜光反射材を着用する
・横断歩道を渡ろうとする歩行者などがいる場合、車は必ず停止する

◇自転車の安全確保と交通ルール遵守(じゅんしゅ)の徹底
県自転車安全利用5則を守って、安全な通行を心掛ける
(1)自転車は、車道が原則、歩道は例外
(2)車道は左側を通行
(3)歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
(4)安全ルールを守る。飲酒運転・2人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号順守と一時停止・安全確認、運転中の携帯電話・傘差し運転の禁止
(5)子どもはヘルメットを着用。夕暮れ時は、早めにライトを点灯し、歩行者や自転車に乗る人は、夜光タスキなどの反射材を利用する。万が一の事故に備えて自転車保険に加入する

◇飲酒運転等の悪質・危険な運転の根絶
・酒を飲むと動作も判断力も鈍くなる
・自転車も軽車両なので、飲んだら乗らない

◇横断歩行者の保護
・横断歩道や横断歩道のない交差点では、歩行者を優先し、通行を妨げないように、一時停止や徐行する
・歩行者も無理な横断をせず「手を挙げる」「アイコンタクトを送る」などの合図を送る

◇スピードダウンの励行
・制限速度を守り、スピードダウンして、周りを確認しながら運転する
・車間距離を十分とり、安全に停止できる速度で運転する

◇合図の徹底
・車両は右左折する30メートル手前、進路変更する3秒前に合図を出す

◇水路等への転落事故防止
・ライトを活用し、携帯電話を使用しながら通行しない

■交通マナー向上作戦
9月27日(月)7時半~8時半(雨天決行)、市内全域の主要な交差点などで交通安全を呼び掛けます。

■交通安全推進大会
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止します。

問合せ:本庁生活安全課
【電話】426-3275

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU