ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

病気やけがで障害が残ったときは…障害基礎年金が受給できます

9/32

愛媛県久万高原町

▼年金を受け取るための3つの要件
1 初診日(病気やけがについて、はじめて医師の診療を受けた日)において
▽国民年金の被保険者である方
または
▽次のすべてを満たす方
・60歳以上65歳未満
・過去に国民年金の被保険者であった
・日本国内に住所を有する
・老齢基礎年金の繰上げ請求をしていない
または
▽20歳未満である方

2 障害認定日要件
障害認定日(原則として初診日から1年6カ月を経過した日、または1年6カ月以内に症状が固定した日)において、国民年金の障害等級が1級または2級に該当する程度の障害状態にあると判断された方。または、障害認定日に1級または2級に該当しなかった方が65歳誕生日の前々日までに該当するようになったとき。

3 保険料納付要件(20歳前に初診日がある場合を除く)
初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者期間のうち、保険料納付期間(免除期間、学生納付特例期間を含む)が3分の2以上あること。

▼年金額(令和2年度の額)年額
2級・・・78万1700円
1級・・・97万7125円
※障害基礎年金を受けている人に生計を維持されている子(18歳に到達した年度末までの子か20歳未満の障害のある子)がいる場合は加算があります。
平成23年4月から、障害基礎年金の受給権を得たあとに子の出生などにより加算要件を満たす場合は、届け出により加算されるようになりました。ただし、平成23年3月までの分は対象となりません。

▼加算額(1人につき)
1人・2人 各22万4900円
3人以降 各7万5000円

問合せ:
・住民課国保年金班【電話】21-1111(内線135)
・松山東年金事務所【電話】089-946-2146

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU