文字サイズ
自治体の皆さまへ

11月12日(木曜日)から25日(水曜日)「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間です。

5/38

愛知県名古屋市

■配偶者や恋人などからの暴力(DV)に悩んでいませんか?
※DVとは、Domestic Violence(ドメスティックバイオレンス)の略称です。

以下のことをされていないか、チェックしてみましょう。
・殴る・蹴る・首を絞める・物を投げる(身体的暴力)
・ばかにする、無視する(精神的暴力)
・生活費を制限する、渡さない(経済的暴力)
・性行為・中絶を迫る(性的暴力)
・子どもに悪口を吹き込む
・いつも命令口調で怒鳴る
・うまくいかないことがあると、なんでも私のせいにする
・家族や友人との付き合いを制限する

□[DVの具体的な相談事例]
・DVの証拠を残したいけれど、どうすればいいのか。
・「別れたい」なんて怖くて言えない。
・暴力をふるっていた配偶者と別居はできたが、「子どもに会わせろ」と言われている。

□1人で抱え込まずに、まずは相談窓口へ。
・市配偶者暴力相談支援センター
【電話】052-351-5388
月曜日から金曜日(祝日除く)の午前10時から午後5時

・DV被害者ホットライン
【電話】052-232-2201
土曜日・日曜日・祝日の午前10時から午後6時

・女性のための総合相談(くらしのガイド 無料相談窓口案内(【URL】http://www.city.nagoya.jp/shicho/page/0000133083.html)を参照)

■パープルリボンキャンペーン
パープルリボンには「女性に対するあらゆる暴力をなくしていこう」というメッセージがこめられています。キャンペーンに合わせ、東山スカイタワーをパープル(紫)にライトアップします。
日時:11月12日(木曜日)から25日(水曜日)日没後から午後9時

■セミナーの開催
法律セミナー「離婚とDV」など、さまざまなセミナーを開催しています。

詳しくはイーブルなごや(【URL】https://e-able-nagoya.jp/)を検索

■共通事項

問合せ:スポーツ市民局男女平等参画推進室
【電話】052-972-2234
【FAX】052-972-4206

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU