ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

Styleきらり輝く岡崎人 中原 梨衣紗さん

10/33

愛知県岡崎市

全日本クラシック音楽コンクールなど、数々のヴァイオリンの大会で優秀な成績を収める中原梨衣紗さんに話を伺いました。

梨衣紗さんがヴァイオリンを始めたのはまだ3歳にもならないとき。お母さんが子どもの頃に弾いていたヴァイオリンが好きで、よく遊んでいたのがきっかけでした。そして、2歳10カ月から教室に通い始め、今では名古屋や東京へ出掛け、レッスンを受けています。
日々の練習は、毎朝登校前に自宅防音室で1時間程度基礎練習をし、学校が終わると、他の習い事で忙しい合間を縫って再び基礎、エチュードや課題の曲などの練習は必ず行うという努力家です。その甲斐あって、就学前から国際ジュニア音楽コンクール、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクールなど多くのコンクールで第1位や最高位を手にしています。
「ヴァイオリンが好き、そして、舞台本番の緊張感が好きで楽しむようにしています」と、満面の笑顔で話す梨衣紗さん。ヴァイオリンの魅力を尋ねると「他の楽器よりも人の声に近い音が出るところ。うれしい音色や悲しい音色が自在に作れるところも好きで、思い通りの音色が出ると気持ちがいいです」。
毎日の練習や他の習い事など、ハードなスケジュールをこなす梨衣紗さんのリラックスする時間は本を読んでいるとき。時間があればいつまででも読んでいたいと話します。学校ではお友達とよく図書室に行き、大好きなハリーポッターなどの本を読みます。また、最近夢中になっていることは手話と点字。手話はあいさつや自己紹介、家族の紹介などを覚えました。ヴァイオリン以外にも色々なことに興味を持ち、学校生活も充実しています。
憧れの曲はベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルト。旋律が美しいところが好きで、いつかオーケストラと演奏出来ることを目標にしています。また「将来は留学をして更にヴァイオリンの技術を磨き、世界で活躍するソリストになりたい」と夢を語る梨衣紗さんは、輝かしい未来に向かって今日も美しい音色を奏でます。

◆なかはらりいさ さん
愛知教育大学附属岡崎小学校3年生。好きな教科は社会。趣味は読書

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル