ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

児童虐待のない社会を目指して

14/24

愛知県東栄町

11月は「児童虐待防止推進月間」です。
児童虐待は保護者だけでなく、社会全体で解決すべき問題です。

■愛のムチをやめて、子どもを健やかに育みましょう
子育てをしていると、子どもが言うことを聞いてくれなくて、イライラすることがあります。つい、叩いたり怒鳴ったりしたくなることもありますよね。一見、体罰や暴言には効果があるように見えますが、恐怖により子どもをコントロールしているだけです。最初は「愛のムチ」のつもりでも、いつの間にか「虐待」へとエスカレートしてしまうこともあります。子どもへの虐待は子育ての不安から始まることがあります。さまざまなストレスがきっかけとなり、虐待をしてしまう。それは決して特別なことではなく、同じように悩んでいる人はたくさんいます。
1人で悩まないで、信頼できる人や相談機関へ相談してください。あなたの周りには相談にのって、手助けをしてくれるところがたくさんあります。一緒に考えましょう。

■子育て中の親子に、やさしいまなざしをお願いします
ご近所や外出先で出会った親子へ温かいまなざしをお願いします。赤ちゃんに微笑みかける、そんなささいなあなたの行動が、子育て中の親子の心の支えになることもあります。気になる親子の様子があったら、できるなら声をかけてみましょう。周囲に育児の悩みを話せる相手がいれば、もしかしたら心が少しおだやかになるかもしれません
・不自然な外傷(あざ、打撲、やけどなど)が見られる
・衣服やからだがいつも汚れている
・落ち着きがなく、乱暴である
・態度がおどおどしており、親や大人の顔色をうかがう
・夜遅くまで遊んでいたり、徘徊したりしている
・家に帰りたがらない

このような子どもに気づいたら、児童相談所(児童相談所共通3桁ダイヤル【電話】189)へ連絡し、専門職の支援につなげてください。

問い合わせ先:住民福祉課
【電話】76・0503

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU