ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

4/21

新潟県新潟市西蒲区

◆迫力満点のわらアート 大地に立つ
今年も上堰潟公園でわらアートまつりが開催され、今も迫力満点の作品が展示されています。わらアートは東京の武蔵野美術大学の学生と区内の住民や政策サポーターが協力し、クマやリュウ、ハリネズミなどを模した5体の作品が制作されました。
細部までこだわって作られた各作品はどれも人の身長より大きく、近くに立つだけでもその迫力に圧倒されます。会場には家族連れなど多くの人が訪れ、緑豊かな公園に立つ大きなアート作品を楽しんでいました。
作品は10月31日(木)まで上堰潟公園に展示される予定です。

◆秋の田園風景 西蒲区のハザ並木
9月22日、夏井地区でハザ木に刈り取った稲を干して乾燥させる伝統のハザ掛けが行われました。田園に等間隔で並ぶハザ並木は、日本一の米どころである越後平野の秋の風物詩であり、かつては地域の重要な農業施設でもありました。
農作業の機械化によってハザ木の伐採が進みましたが、地域の要望により保存されたハザ並木が区内各所に残され、季節のイベントでの活用やその独特の風景から、今も多くの人々に愛されています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU