文字サイズ
自治体の皆さまへ

暖房器具からの火災に注意しましょう

1/26

新潟県新潟市西蒲区

火災・救急・救助は「119番」

◆寒くなったこの季節、暖房器具からの火災が多く発生しています
西蒲区内では10月15日現在で7件の火災が発生しています。
例年、この季節になると暖房器具が原因で多くの火災が発生しています。気温の低下とともに空気が乾燥し、火災が発生しやすい気候になりますので、下記の「暖房器具からの火災を防ぐための大切なポイント」を確認し、安全な使用を心掛け、火災には十分に注意しましょう。

◇西蒲区の火災発生状況
令和4年10月15日現在
・火災件数 7件(116件)
・住宅等火災件数 2件(49件)
※( )内は10月15日現在における新潟市全体の火災件数

◇西蒲区の火災発生件数比較(1月から10月)

※暖房器具の安全な取り扱い方法を身に付けて、火災を防ぎましょう!

◆暖房器具からの火災を防ぐポイント
正しく使用して、安全快適に過ごしましょう
・ストーブの上に洗濯物を干さない…洗濯物が落ちて、出火する恐れがあります。
・火を消してから給油する…こぼれた灯油に引火する恐れがあります。
・タンクのふたは確実に閉める…ふたが外れて大量の灯油がストーブにかかる恐れがあります。
・ストーブの近くに燃えるものを置かない…ストーブに接触し、出火する恐れがあります。就寝前や外出時はストーブを確実に消しましょう!

[こんな点にも注意が必要!]
・ストーブを使い始める前には清掃を行い、安全点検をする
・スプレー缶やカセットボンベをストーブの近くや上に置かない、使わない
・電源プラグやコード、ガスホースなどを定期的に点検する

◆住宅用火災警報器はあなたの命を守ります!
・住宅用火災警報器は、平成23年6月から全ての住宅に設置が義務付けられています。
未設置の家庭は、お近くのホームセンターや電気店でお買い求めの上、早急に設置してください。
・全ての寝室に設置が必要です。
寝室が2階にある場合は、煙を感知する方式の警報器を階段の天井にも設置してください。
・設置から約10年で本体交換の目安です。点検を行い、電池が切れていないか確認しましょう。
・高齢者世帯を対象に「取付けサポート」を行っています。お気軽に相談してください。

「火の用心をお願いします!」

問い合わせ:西蒲消防署
【電話】0256-72-3309

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU