文字サイズ
自治体の皆さまへ

変わるまちなか 歩くが楽しいまちに

2/31

東京都八王子市

古くからヒトやモノが集まり、にぎわい続けてきた八王子駅周辺。市では補助制度などを通じて、中心市街地のにぎわいや交流の創出に取り組んでいます。
今号では、新たに生まれた魅力あふれるスポットを紹介。楽しいまちあるきに出かけてみませんか?

■10月オープン 東京たま未来メッセ(都立多摩産業交流センター)
明神町に多摩地区最大級(約2,400平方メートル)の展示室が誕生。ものづくりをはじめとする産業の振興のための展示会などが開催されます。

■今秋オープン オープンに先がけて、郷土の伝統文化を愉たのしむイベントを開催
八王子の伝統文化の体験をはじめ、飲食や買い物もできる施設(中町11-8)が今秋オープン。これに先がけて、「八王子まつり」が開催される8月5・6・7日に、八王子芸妓(げいぎ)衆やお囃子(はやし)などが登場するイベントを行います。
詳しくは市まちづくり公社(【電話】644・7611【FAX】644・7614)までお問い合わせください。

■市公式まちなかメディア 「まちる」で八王子ライフをもっと楽しく!
中心市街地プロモーションサイト「まちる」では、西放射線ユーロードなどで開催されるイベントや、まちめぐりなど、まちなかの楽しい情報を発信しています(本紙2ページ掲載の二次元コードからご覧いただけます)。

■まちの駅八王子CHITOSEYA(ちとせや)
6月にオープンした、八王子初の「まちの駅」。地元産野菜や地卵、量り売りのドライフルーツなどを販売するほか、併設のカフェ「旬菜おむすび食堂」では、具だくさんの味噌汁やホカホカのおにぎりを味わうこともできます。また、環境、農業、子育てなどをテーマにした、イベントやワークショップも開催。日々の生活をより豊かにしてくれる、くらしの新しい拠点です。

▽八森明(やつもりあきら)駅長
まちの逸品を少しでも多くの方にお届けしたい――そんな想いで、この「まちの駅」をはじめました。イチオシは採れたての新鮮野菜。この品質を提供できるのは、農業の盛んな八王子ならでは。量り売りなど、環境に配慮した消費スタイルも提案していきたいですね。まちの中心部であるこの場所で、新たな交流が生まれたら嬉しいです。

所在地:八日町3-15多摩信用金庫八王子中央支店1階
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:水曜日、第1火曜日、祝日

問い合わせ:【電話】621・2901

■シェアキッチンandシェアスペースMACHI-HUG(まちはぐ)
得意なことで、まちと仲良くなれる場「MACHI-HUG」。シェアキッチンはワンデーレストランや料理教室の会場に、またシェアスペースはワークショップや展示会、物販などの場に利用できます。自分だけのお気に入りを見つけてみては。

▽ハンバーガー店「#NONAME(ノーネーム)042」平本(ひらもと)さんご夫婦
初めてのお店は地元・八王子で開きたいと思っていました。地域の皆さんからの温かい声や、まちなかだからこそ生まれるつながりに、日々元気をもらっています。ここでの経験を糧に、将来はまちの皆さんに愛されるお店を持ちたいですね。

所在地:八幡町4-11オーベルグランディオ八王子エアーズ1階
営業時間:出店中の店舗やイベントのスケジュールはホームページでご確認ください

問い合わせ:【電話】649・7447(午後1~4時)

■地域の駄菓子屋Yottette(ヨッテッテ)
放課後の子どもたちが宿題をしたり、遊んだりすることができるキッズサロンや、手芸や将棋を通して交流を深めるシニアサロンなど、さまざまな特徴を持つ交流拠点「Yottette」。地域の子どもたちと高齢者の方々が一緒に昔遊びを楽しむなど、世代を超えた交流が進んでいます。
所在地:子安町4-28-8
営業時間:サロンのスケジュールはホームページでご確認ください

問い合わせ:まほうのほうき 沼崎(ぬまざき)
【電話】080・1086・9485

********************
問い合わせ:市街地活性課
【電話】620・7305【FAX】627・5931

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU