文字サイズ
自治体の皆さまへ

3月は東京都の自殺対策強化月間です

9/33

東京都台東区

台東区の自殺死亡率は、都内でも高い状況です。自殺は、個人的な問題だけではなく、健康・家庭・経済・生活問題など、さまざまな要因が複雑に絡み合った末に起こると言われています。自殺は、本人が発するサインに気付き、適切な対応をとれば、防ぐことができます。

■こころのSOS
自殺者の多くは、自殺する前にSOSを出しています。「死んでしまいたい」と深く悩んでいると同時に「助けてほしい」と周囲に訴えている場合があります。この気付きが自殺防止の第一歩です。

■こころのSOSに気付いたら
(1)声をかける
周りの友人や家族・同僚の悩みがありそうな様子に気付いたら、体調のこと等を切り口に、一言声をかけてみましょう。
(2)話をよく聴く
今まで何とか乗り切ろうと頑張ってきた人です。本人を責めたり、励ましたり、世間一般の常識を押し付けたりすることは避けましょう。相手の話を受け止めて、思いやりの気持ちを伝えてみてください。また、可能であれば自殺をしない約束をしてください。自殺予防に有効です。
(3)相談機関へつなげる
ひとりで不安や心配事を抱え込まずに、相談できる窓口があることを伝えてください。さまざまな専門の相談機関があります。

■1人で抱え込まずに相談を
・台東保健所精神保健担当【電話】3847-9405
・こころの健康相談(精神科医による相談)
台東保健所保健サービス課【電話】3847-9497
浅草保健相談センター【電話】3844-8172
・東京いのちの電話【電話】3264-4343
・東京自殺防止センター【電話】5286-9090
・東京都夜間こころの電話相談【電話】5155-5028
・東京都LINE相談「相談ほっとLINE@東京」(LINEの「公式アカウント」から検索するか、紙面またはPDF版の二次元コードから友だち登録をして利用できます)

問合せ:台東保健所保健予防課精神保健担当
【電話】3847-9405

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU