文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月は食生活改善普及運動月間です

4/23

東京都品川区

■食事はおいしくバランスよく
~野菜はプラス 塩はマイナス~
野菜を増やして、塩分を減らすとともに、毎日牛乳・乳製品をとる習慣を身につける取り組みをしましょう。

◆野菜を1日350g食べよう
1日350g(5皿)以上の野菜を食べている区民は、2.8%*1でした。
まずは今よりも野菜1皿プラスを心がけて!

◇野菜を増やすポイント
・スープや煮物、電子レンジで加熱など、カサを減らすと生野菜よりたくさん食べられます。
・外食では単品より定食、小鉢のついたものを選びましょう。

◆おいしく食べながら減塩しよう
食塩摂取量の平均値は男性10.9g、女性9.3g*2と、まだまだ多い状況です。
(目標量 男性7.5g、女性6.5g)

◇減塩のポイント
・だしやかんきつ類、香辛料を使う、麺類の汁は飲み干さない、しょうゆなどの調味料は直接かけず、少量を小皿に出してつけて食べるなどの工夫をしましょう。

◆牛乳を1日200ml飲もう(コップ1杯)
・牛乳・乳製品はカルシウムの吸収率が高い食品です。毎日の食事に取り入れましょう。
カルシウムは牛乳・乳製品のほか、魚介類や緑黄色野菜、大豆製品、ごまなどにも多く含まれています。

◆Q and A
Q.品川区民は野菜を1日に何皿食べているでしょうか?
A.1~2皿の方が68.3%、3~4皿の方が17.6%*1と、ほとんどの方が5皿に足りていない状況です。

Q.1日あたりに、カルシウムを最も多くとれている世代は?
・7~14歳
・30~39歳
・60~69歳
A.・7~14歳*2
給食で牛乳が出るので、ほかの世代に比べて多くカルシウムを摂取することができていますが、どの世代にとってもカルシウムは不足しがちな栄養素です。不足分を補うために、あとコップ1杯分の牛乳をプラスしましょう!

*1 品川区「平成29年度健康に関する意識調査報告書」より
*2 令和元年度「国民健康・栄養調査」より

◆食事相談
・面談(予約制)
・電話(随時)
栄養士が食事に関する相談にお答えします。お気軽にご相談ください。

問い合わせ:
品川保健センター【電話】3474-2902
大井保健センター【電話】3772-2666
荏原保健センター【電話】3788-7015

問い合わせ:生活衛生課栄養管理担当
【電話】5742-7124【FAX】5742-9104

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU