文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月20日~26日は動物愛護週間です 動物は最後まで責任と愛情をもって飼いましょう

2/23

東京都品川区

動物愛護週間は、命ある動物の愛護と適正な飼育についての関心と理解を深めるために設けられたものです。
この機会に、私たちが飼っている動物、身近にいる動物について、改めて考えてみましょう。

■猫の飼育は屋内で
猫にとって屋外は危険がいっぱいです。上下運動ができるよう家具の上などにも上がれる工夫をして、専用のトイレ・つめとぎなどを用意すれば、家の中で快適に過ごせます。また、不妊・去勢手術を実施することも大切です。

■不妊・去勢手術
「手術はかわいそう」と思われる方もいますが、繁殖を望まない場合は実施しましょう。不妊・去勢手術をすると性質がおとなしくなり、扱いやすくなるなどのメリットがあるほか、生殖器系の病気の予防にもなります。

◇猫の不妊・去勢手術費助成を行っています
・飼い猫(年2回) 事前申請が必要
・飼い主のいない猫(通年) 手術日より30日以内に申請
※詳しくはお問い合わせください。

■身元の表示
迷子になり、飼い主のもとに戻ることができない動物は少なくありません。飼い主の責任の所在を明らかにし、迷子になった動物の発見を容易にするためにも、犬には鑑札をつけ、猫やそのほかの動物には名札などをつけましょう。マイクロチップは身元確認に効果があります。

■災害に備えて
災害が発生した場合、まずは人命第一です。
飼い主が無事でなければ動物は災害を乗り切ることができません。家が壊れたりして避難することになったときは、事情の許す限り動物を同行して避難してください。普段から人やほかの動物をこわがらない、嫌がらずにケージに入る、トイレは決められたところでする、などのしつけをしておきましょう。動物のための防災用品(5日分以上の食事と水など)も用意しておきましょう。

■飼い主さんのマナー あなたは大丈夫ですか?
犬は大切な家族の一員です。吠(ほ)えるのは当たり前ではなく、無駄吠えしないようにしつけが必要です。
犬も社会の一員として迷惑をかけないよう、飼い主には地域への配慮が欠かせません。区に寄せられる犬に関する苦情の多くは、「鳴き声がうるさい」「糞(ふん)尿の放置」「糞尿の汚れや匂い」についてです。
マナーを守り、しつけや管理をして、人も動物も気持ちよく暮らせるまちにしましょう。

◇しつけ
体がすっぽり収まり足が延ばせるくらいの適切なサイズのケージやサークルで囲むなどして、空間を制限して犬が落ち着ける場所を作ってあげましょう。狭いところが好きなのは犬本来の習性です。また、犬は家族の中に順位を付ける動物です。犬は家族の一番下の順位だと理解させる必要があります。飼い主の言うことをよく聞くようにしつけることは、無駄吠えなど問題行動をやめさせることができ、何より服従本能習性が満たされることで犬の精神的安定にもつながります。犬の本能と習性をよく理解し、しっかりしつけましょう。日頃のしつけや散歩前のトイレの習慣を身につけ、おとなしく長時間ケージにいられるよう慣らせておくと災害時に同行避難をする際にも役立ちます。

◇お散歩マナー
・トイレは散歩の前に済ませましょう
もし散歩中にしてしまったら、糞は必ず持ち帰り、おしっこは十分な量の水で流すかシートで吸い取りましょう。
・お散歩の持ち物
散歩の際は糞用の袋、飲み水、尿を洗い流すための水、吸い取るためのシートを持ちましょう。
・リードでつなぐ
しつけをしていても犬は不意に突発的な行動をすることがあります。飼い主が犬をしっかりコントロールできるようにしましょう。

◇健康管理
狂犬病の予防接種や寄生虫の駆除、子犬を望まない場合は不妊・去勢手術も行いましょう。日頃から健康管理に気を配り、犬には狂犬病の予防注射を年1回必ず受けさせましょう。

問い合わせ:生活衛生課庶務係
【電話】5742-9132【FAX】5742-9104

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU