文字サイズ
自治体の皆さまへ

映画やテレビドラマ、バラエティー番組など ロケに協力できる区内の事業者・施設を募集中!

5/12

東京都墨田区

撮影時には、すみだフィルムコミッションがサポートします

すみだフィルムコミッションは、区内のロケ地支援の総合窓口です。区内で映画やテレビドラマ、バラエティー番組などの撮影を考えている方と区内の様々な場所、施設を結ぶ役割を担っています。
現在、ロケにご協力いただける事業者・施設を募集しています。ぜひ、ご応募ください。

問い合わせ:観光課観光担当
【電話】03-5608-6500

◆すみだフィルムコミッションってなぁに?
区内のロケ地支援の総合窓口です。撮影を考えている方(以下、撮影者)に対して、要望に合う撮影場所を紹介したり、ロケに協力する方に対して、撮影に関わる調整などを支援したりします。
一般社団法人墨田区観光協会のホームページ内の「すみだフィルムコミッション」ページ(本紙写真1参照)では、区内の撮影実績やロケ地の検索などができます。

◆どうして撮影の支援をするの?
区内が映画やテレビドラマなどのロケ地として使われると、地域への愛着や地域の知名度の向上などが期待でき、経済効果も見込めるからです。
また、支援により、ロケに協力する区内の事業者・施設の負担を軽減します。

◆どんな事業者・施設の登録を募集しているの?
以下のような協力ができる事業者・施設の登録を募集しています。

・店舗や事業所、施設等を、映画やテレビドラマ、バラエティー番組などの撮影場所として貸し出す(有償でも可)
・撮影時のロケ弁を提供する(有償)など

登録すると、撮影者がロケ地を探すときなどに活用する上記のホームページで事業者・施設の情報が公開されます(本紙写真2参照)。ホームページでの情報公開を希望しない場合は、登録のみも可能です。
また、「登録をしたら、全ての依頼に応える必要がある」ということではありません。具体的な協力内容は撮影ごとに異なるので、事前に対応可能かどうか検討して、決めることができます。
そのほかの要件もありますので、詳細は、一般社団法人墨田区観光協会のホームページをご覧ください。

◆登録した事業者・施設にはどんな利点があるの?
・撮影者とのマッチングの機会が増える
・撮影者から協力依頼があったときに、撮影者との調整の仕方などのアドバイスを受けられる
*事業者・施設が、撮影者から直接受けた依頼でも、不安な点は、すみだフィルムコミッションに相談が可能

◆ご応募(登録)をお待ちしています!
申込み:一般社団法人墨田区観光協会のホームページ内の「すみだフィルムコミッション」ページから出力できる「“すみだロケーションボックス”(ロケ地検索ページ)登録票」と店舗や事業所、施設などの画像を、Eメールで、すみだフィルムコミッション【E-mail】fc@visit-sumida.jpへ
*画像は10点以内で合計3メガバイト以内

問い合わせ:一般社団法人墨田区観光協会
【電話】03-6657-5160

◆実際に撮影協力をしたことのある事業者にお話を聞いてみました
◇LAND_A CAFE DINING and SMILE
イタリアンレストラン
住所:向島一丁目2番4号東京ミズマチウエストゾーンW01
お話をお聞きしたのは、代表取締役社長 井田 大輔さん

Q.どんな撮影に協力しましたか?
様々な撮影に協力していますが、最近協力したのは、約2か月前に放送が終了したドラマ「ファイトソング」です。撮影場所として店舗をお貸ししました。また、撮影中の飲物や食器もお店のものが使われました。

Q.なぜ協力したのですか?
店舗は、隅田公園と北十間川の間にあります。撮影場所としての協力は、お店だけでなく、周辺の素敵な地域のことも知ってもらう良い機会だと思っています。もちろん、店内だけが映ることもありますが、背景に隅田公園であったり、北十間川が映ることもありますからね。
ここは自分たちのお店であっても、自分たちだけの場所ではないので、利用したい方がいるなら協力したいと思っています。
また、店内が映ったドラマを観た方が実際に来店して、ドラマと同じ場所で飲食し喜んでいる様子を見ると、撮影協力をしたことで、店内で楽しんでいただける「きっかけ」を作ることができたと嬉うれしく感じますね。

Q.協力するときは、どんなことに気を付けていますか?
河川や公園の管理者、店舗が入る東京ミズマチへの報告などは徹底しています。撮影の仕方によっては、撮影者からの申請が必要な場合もありますね。
また、近隣の方々や施設に迷惑がかからないように気を付けています。

◇アトリエ創藝館 江戸文字体験工房
住所:横川三丁目8番2号
お話をお聞きしたのは、職人 大石 智博さん

Q.どんな撮影に協力しましたか?
ドラマや情報番組、旅番組などの撮影に協力しました。当初は場所のみをお貸しする予定が、私自身や当時飼っていた犬が番組に出演することになったこともありましたね。

Q.なぜ協力したのですか?
単純に、私自身が頼まれると断れないタイプだからかもしれません。それが撮影者側にも伝わるのか、1つの撮影協力から、さらに別の撮影協力の依頼をいただく、ということもありますね。
必要とされて、楽しんでもらえるのであれば、協力したいと思っています。

Q.協力するときに、大変なことはありますか?
うちわや扇子などに江戸文字を書く体験工房内は、過去に手掛けた提灯(ちょうちん)等が展示されています。撮影内容によって、展示したままで良いもの、取り外す必要があるものなど、個別に対応する必要があるので、それが少し大変ですね。
また、大変ということではないですが、工房の責任者として、工房内のここを映してほしい、こんな点を番組で話してほしいと望むことがありますが、それはもちろん、叶(かな)わないです。
でも、工房内が映った番組の放送後には、出演者のファンの方が遠方からわざわざ来たり、うちの飼い犬が番組に出演したときは、犬がかわいかったと電話があったりして嬉しかったですね。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU