文字サイズ
自治体の皆さまへ

【文化財を大切に】1月26日は「文化財防火デー」です

13/42

東京都港区 ホームページ利用規約等

昭和24年1月26日、世界最古の木造建築である法隆寺金堂が炎上し、壁画の大半が焼失するという事件が起こりました。この事件は、国民に強い衝撃を与え、国内だけではなく国外にも報道され大きな波紋が広がりました。
この出来事を契機に、文化財を守り継承していくことの重要性が認識されました。このような悲劇が再び繰り返されないことを願って、文化庁および消防庁では、毎年1月26日を「文化財防火デー」として定め、全国的に文化財を火災から守る運動を実施しています。
区内には、数多くの国・都・区指定の文化財が大切に保存、保護されています。
これらの文化財を火災から守るためには、日頃からの防火訓練が大切です。また、文化財の周辺でのたき火、喫煙はしないように、周辺にはごみや紙くず等を捨てないように注意してください。
文化財は、歴史・文化を正しく理解する上で欠かすことのできない国民共有の貴重な財産です。さまざまな災害から文化財を守り、歴史的遺産を大切に保護し後世に伝えていくことは私たちの責任です。
区民の皆さんも、身近にある文化財の保護にご理解とご協力をお願いします。

問い合わせ:図書文化財課文化財係
【電話】6450-2869

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU