文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(1)

17/42

東京都港区 ホームページ利用規約等

■新型コロナウイルス感染症拡大の影響による貸し付けや融資あっせん等の手続きに使用する各種証明書を無料で交付します
事務手数料が無料となる証明書:区が発行する住民票の写し、印鑑登録証明書、特別区民税・都民税課税(非課税)証明書・納税証明書、営業等に関する証明書等
手続き方法:窓口で証明書の交付を請求する際に、新型コロナウイルス感染症の影響による各種貸し付けや融資等の申請に使用することを申し出てください。住民票の写し、税証明書を郵送により請求する際は、請求書に使用目的を明記してください。
対象となる特別融資あっせん制度や各種証明書を無料で交付する件について、詳しくは、港区ホームページをご覧いただくか、電話でお問い合わせください。
また、郵送可能な手続きに要する郵送料を区が負担します。

問い合わせ:
・各種証明書の窓口請求、住民票の写しの郵送請求について
芝地区総合支所区民課証明交付担当【電話】3578-3143
・税証明書の郵送請求について
税務課税務係【電話】3578-2590
・営業等に関する証明書について(証明する内容によって担当する係にご案内します)
みなと保健所生活衛生課【電話】6400-0050

■医療と薬の安心箱「電話やオンラインによる診療が便利です」
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、電話やスマートフォンを使って医療機関に相談したり受診をしたりすることができます。具体的な診療の手順は次のとおりです。※実施していない医療機関もあります。

1.実施医療機関の確認
・受診しようと考えている医療機関が、電話やオンラインによる診療を行っているかを電話や医療機関ホームページで確認します。
・どの医療機関にかかるか分からない場合には、厚生労働省ホームページに掲載されている医療機関の中から最寄りの施設を選んで連絡します。
2.事前の予約
・医療機関に保険証等の情報を伝え、電話やオンラインで予約します。
・同時に、医療機関に支払い方法を確認します。
3.診療
・医療機関からご自身が連絡を受けて診療が開始されます。
・本人確認のための個人情報を伝えて症状等を説明します。
4.診療後
・来院して受診するよう推奨された場合は、必ず医療機関に直接かかってください。
・薬の配送を希望する場合は、医療機関に最寄りの薬局を伝えて診察後に薬局へ連絡します。
・電話やオンラインによる服薬指導の後に、薬が配送されます。
※薬局に行って服薬指導を受ける必要がある場合もあります。

問い合わせ:生活衛生課医務・薬事係
【電話】6400-0044

■特例貸付制度の申請受付期間が3月末まで延長されました
(社福)港区社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による収入減等でお困りの人を対象に、表のとおり特例貸付を実施しています。

【表】特例貸付の概要

(※)総合支援資金(特例貸付)の延長貸付は、3月末までに初回貸し付けを受けていて、自立相談支援機関(港区生活・就労支援センター)による相談や継続的な支援を受けることにより、貸付期間を3カ月延長して利用できる場合があります。該当する世帯には、(社福)東京都社会福祉協議会が延長貸付対象者通知等を郵送します。
担当課:生活福祉調整課自立支援担当

問い合わせ:
・特例貸付について
(社福)港区社会福祉協議会生活支援係【電話】6230-0282
・自立相談支援機関について
港区生活・就労支援センター【電話】5114-8826

■子育てに関する悩みや相談があればお寄せください
区では、子育ての悩み、子ども自身の悩み相談を相談員が対応しています。新型コロナウイルス感染症の影響により、家にいることが多くなっている中、子育てに関する不安や困っていることがあれば気軽にご相談ください。
・「おとなの子育て相談ねっと」
対象:区内在住の18歳未満の子どもの保護者および妊婦
※URLは本紙またはHPをご覧ください。
・「みなと子ども相談ねっと」
対象:区内在住の18歳未満の子ども
【HP】https://minato.kodomosoudan.net
・相談専用ダイヤル【電話】6400-0092
電話受付時間:
月・水・金・土曜…午前9時~午後5時
火・木曜…午前9時~午後7時
※祝日、年末年始を除く。

問い合わせ:子ども家庭支援センター相談支援係
【電話】6400-0091

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU